アクセサリー

指輪って超音波洗浄できるの?正しいお手入れ方法とは?

お気に入りのあなたの指輪、汗や化粧品で輝きが半減しているかも?!

女性の指先を引き立ててくれる指輪は、おしゃれな女性にとって必須アイテムのひとつです。でも、あなたが日常つけている指輪を、ゆっくり眺めてみたことはありますか?

そう言えば、買ったときはもっと輝いていたような・・・。よく見ると、石がくすんで見えるし、あちこち変色しているよう・・・。と感じたことはありませんか?

指輪は日々のお手入れが大切。なぜなら、汗や化粧品などの油脂が付着してしまう事によって、リングや石の輝きがくもってしまうからです。特にダイヤモンドを含む宝石は、油になじみやすい性質を持っており、埃や油といった汚れを寄せつけてしまいやすいのです。

指輪の日常のお手入れ、していますか?

例えば、家に帰ってジュエリーボックスに指輪を戻す時に、アクセサリー磨き用のクロスで毎回さっと拭いてから戻す習慣をつけるだけでも大違い。クロスで拭くことで汚れだけでなく、油分も取り除くことができるのです。

また、プラチナ、ゴールド、ダイヤモンドは、食器を洗う中性洗剤を少し垂らして、軽くこするだけでも大丈夫。汚れが気になるときは、メイクブラシなどの毛先のやわらかいブラシに中性洗剤を付けて、指輪の内側や宝石の留め金などをやさしく擦り、水ですすぐだけですっきりと輝きがよみがえります。

ただし、エメラルドやパールなど、表面硬度がやわらかい宝石もあります。このようなデリケートな指輪のお手入れは、乾いたやわらかい布で優しく拭うだけにしましょう。

超音波洗浄機って、ジュエリーにも使えるの?

指輪は日々のお手入れが大切なのは、わかっていただけましたね。

でも、毎日あれもこれもしなければならない事が多くて疲れているのに、指輪のお手入れまでできないわ。とか、結婚指輪ってずっとつけているから、毎日のお手入れなんて無理。指輪って機械で自動的に洗浄とかできないの?などと考えているあなたに、朗報です。実はジュエリーも、超音波洗浄機で洗う事ができるのです(^^♪ 超音波は、指輪のミクロの汚れをはじき出して洗ってくれます。

洗浄機も、家庭用ですと数千円から手に入るようなので、結婚指輪などもこの機器で洗っている人もいらっしゃるようです。ただし、プラチナやゴールドしか使っていないシンプルなリングなら問題ありませんが、超音波をあてると割れてしまう宝石もあるので、気をつけなければいけません。

超音波洗浄機は、機器の中にジュエリーなどを入れて、超音波によって細かい汚れを取り除くものですが、その超音波に触れることによって、割れてしまったり、変色したり、光沢が失われるようなデリケートな宝石については、注意が必要です。つまり超音波洗浄機は、どんな指輪にも使えるわけではなく、超音波の振動に耐えられる宝石だけに使えるクリーニング方法なのです。

ジュエリー専門店などでは、洗浄機に入れる前に石が留まっている状態や石の内包物を確認し、洗浄機に入れても問題がないと判断された場合のみ使用するそうです。なぜなら、石が外れそうなものや、石の内包物が大きい場合には超音波の振動で石が留め具から外れてしまったり、割れてしまったりするからだそうです。

なので、超音波洗浄機を利用されるには、大きなリスクも伴うということも知っておいていただきたいと思います。

超音波洗浄機を使えるジュエリーと使えないジュエリー

どんなジュエリーも、超音波洗浄機で洗えるわけではない。ということはお話ししました。では、どんな宝石だと使えるのでしょうか?超音波洗浄機を使用できる主な宝石は下記の通りです。

ダイヤモンド、ルビー、サファイア、アレキサンドライト、クリソベリル、スピネル、トルマリン、めのうなど・・・。

貴金属では、プラチナ、ゴールド、ホワイトゴールド、シルバーなどが超音波洗浄可能です。

上記以外の宝石を超音波洗浄機に入れると、破損してしまう恐れがあるので注意してください。例えば、エメラルドは非常に割れやすく、オパールも大変デリケートな宝石です。それ以外にも、可愛らしさが人気のペリドット、ムーンストーンやラピスラズリ、タンザナイト、トパーズ、さらに鉱物ではない有機質起源の宝石である琥珀やコーラル(珊瑚)、べっ甲、そしてターコイズ…などなど、多くの宝石は超音波洗浄ができません。

誕生石とされているなじみのある宝石も結構入っているので、注意が必要ですね。

もし、あなたの指輪に、洗浄機使用可能な宝石以外の石が入っている場合は、超音波洗浄機を使う前に、必ず宝石店などの専門家に確認されることをお勧めします。

シルバー特有の黒ずみも、超音波洗浄器で取れるの?

では、シルバー特有の黒ずみは、超音波洗浄機でクリーニングできるのでしょうか?

結論から言いますと、超音波洗浄器では取る事ができません

シルバーの黒ずみは、空気中の成分と銀が反応して表面に硫化銀の被膜ができているのが原因だからです。つまり、汚れではないので、拭いても洗っても落ちませんし、超音波洗浄器でもとれません。

シルバーの黒ずみは、お家にある重曹とアルミホイルなどを使って、化学反応を利用して取り除く事ができますが、その方法についてはまた別の機会に。

とは言え、超音波洗浄機は、指輪の細かいスキマや複雑なデザインの内側にこびりついた汚れを、簡単に取り除くことができます。その点では、シルバーのリングにも有効だと言えるでしょう。

超音波洗浄機の使用で気をつけることは?洗浄液は?

超音波洗浄機の使用方法は、購入時の取説に従っていただきたいと思いますが、ここでは使用する上で、ちょっとした知恵袋的な知識をお話ししたいと思います。

まず、指輪を超音波洗浄器につける前に、ブラッシングすることをお勧めします。最初に、このブラッシングで汚れや埃を浮かせておくと、あとはほんの短い時間超音波洗浄器にかけるだけで、指輪はピカピカになります。

他には、使用する前に機械に洗浄液を入れますが、その時洗浄液を入れてすぐ使用すると、洗浄効果が弱いことがあるようです。と言うのも、洗浄液を入れてすぐは、目に見えない気泡が多く洗浄効果がまだ弱いため、洗浄液を入れて数分作動させてから使用する方が良いそうです。そして、洗浄液の温度も冷たいよりも、常温程度の方が汚れは落ちやすいようです。

また、使用する洗浄液は、もちろん市販のものもありますが、身近なものであれば台所の中性洗剤で代用できると、多くの人がこれを使用しているようです。ただ、中性洗剤の問題点は、使用していると、洗浄機の内側や底面に汚れが付着してしまうので、汚れた洗浄液を交換するときはお掃除が必要になってしまうようです。

まとめ

日ごろの指輪のお手入れは、乾いたやわらかい布でやさしくから拭きをすること。(ちなみに、から拭きは基本的にはどの金属、どの宝石に施してもOK。)また、日常的に身につけていない場合は、外したらしまう前にさっと拭く習慣をつける。ということです。

でも、超音波洗浄機があると、見えない汚れやお手入れのしにくい構造であってもきれいに洗浄できるのが魅力です。最近ではご家庭向けのリーズナブルな超音波洗浄機も増えていますので、1台あってもいいかも知れませんね。

購入を検討する際は、洗浄の頻度を考え、目的にあったサイズや洗浄力を持った超音波洗浄機を選択するのがおすすめです。ただし、どんな宝石にも使えるというわけではないことは、ご注意くださいね。