アクセサリー

指輪の黒ずみの落とし方!汚れの原因とお手入れのコツをご紹介

みなさんが着けている指輪はキレイですか?指輪は使用していても、使わずに保管していても黒ずんでいってしまうのです。

じゃあ、どうしたらいいの?という声が聞こえてきそうですが、その原因を知りお手入れすることによってきれいな状態を保つことができるのです。高価な指輪も黒ずんでいたりしたら、指輪の価値まで下がってしまいそうですよね。身に着ける指輪はやはり輝いていた方が気持ちいいです。

そこで今回は、その黒ずむ原因やお手入れ方法についてご紹介していきたいと思います。ひと手間がかけるだけで、指輪をいつまでも大切に使い続けることができますよ。

どうして黒ずんでしまうの?その原因は?

なぜ指輪は使用していても使用していなくても黒ずんでしまうのか、その一番の原因として考えられるのが、“硫化“です。

硫化とは空気中にある硫化水素や二酸化硫黄などが化学反応を起こすことであり、そのことによって指輪の表面上に硫化銀の薄膜ができてしまうのです。この膜がはった状態にあることが、指輪が黒ずんで見えてしまう原因なんですね。

さらには、その膜の厚さによって発生する色にも違いがあるんです。膜が厚い順から薄茶色→青色→こげ茶色→黒色になります。黒ずみは硫化の中でも膜が薄く、初期の段階なのでお手入れすることにより輝きを取り戻せる状態なのです。硫黄が含まれる温泉に浸かったとき、指輪が真っ黒に変色してしまうのもこのためです。

また硫黄は温泉だけではなく、排ガスやゴム製品などの様々なものに使用されているので注意が必要です。日々の日常の中でも、摩擦や掃除洗剤などといった成分に触れることも黒ずませる一因となってしまいます。

このように簡単に黒く変色してしまう指輪ですが、簡単にキレイに戻すことが可能です。そのためにもお手入れ方法が大切になってくるんですね。

黒ずんでしまった指輪を元にもどす方法

黒ずんで汚れてしまった指輪は、あきらめなくても自分で簡単に元にもどす方法があるのです。わざわざお店に持ち込まなくても自宅でケアできたら楽ですよね。

指輪の種類別にその方法をご紹介していきたいと思います。

<シルバーの指輪>

シルバーはもともと変色しやすく傷つきやすい性質をもつ金属です。高額な指輪だから黒ずみにくいということはなく、高価でも安価でも違いはあまり見受けられません。金属の中でも磨けば磨くほど光沢を増すのがシルバーの魅力でもあります。

そこで黒ずんでしまったシルバーの指輪をきれいにするには2種類の方法があります。

早速ご紹介します。

シルバー磨きクロスを使用する。

研磨剤が含まれたクロスで磨くことにより、簡単に早くきれいに戻すことができます。傷はとることができませんので強く擦りすぎないよう注意してください。

アルミホイルと塩で汚れを落とす。

(用意するもの)

  • アルミホイル
  • 塩か重曹
  • ボールや鍋
  • 熱湯
  1. ボールか鍋を用意し、底にアルミホイルを敷きます。
  2. 指輪を置き、塩か重曹をかけます。(水:塩か重曹 5:1)
  3. 熱湯を注ぎ、数分まちます。
  4. 柔らかい布で拭き上げたらできあがりです。

どちらも簡単で、家にあるものでキレイにすることができるので嬉しいですよね。

<ゴールドの指輪>

ゴールドは純度が高いほど黒ずみにくいとされています。だからといって、お手入れしないと皮脂や汚れが付きくすんでいってしまうものです。

ジュエリーショップなどでもよく見かける人気の高いピンクゴールドやホワイトゴールドなども基本おなじケアで大丈夫です。そこで、効果的な方法をご紹介します。

中性洗剤を使って汚れをおとす。

  1. 中性洗剤とぬるま湯を混ぜます。割合は1:1です。
  2. その中に指輪をいれ、数分待ちます。
  3. 汚れが落ちたら柔らかい布で拭き上げできあがりです。

アルコールで汚れを落とす。

  1. 消毒用アルコールと水を1:1の割合であわせます。
  2. その中に指輪をいれ、5分ほど待ちます。
  3. 柔らかい布で拭き上げたらできあがりです。

この方法ならシルバーよりさらにもっと簡単にケアすることができそうですね。

汚れが少しでも気になりはじめたら、まずはご自宅でやってみることをオススメします。

指輪のお手入れ方法は?

どの指輪でも共通してできるお手入れ方法は、使用後は柔らかい布で拭くことです。日常生活の中で空気に触れたり皮脂がついたりと、目には見えなくても結構汚れてしまっています。拭くことによって、汚れを溜めず変色を防いでくれる効果が期待できます。その際は、ゴシゴシと強く擦ることはしないように気をつけてくださいね。

指輪の素材は繊細で擦りすぎると傷をつけてしまう原因になってしまいます。拭くだけならば簡単なので毎日お手入れできそうですよね。

また、保管方法に気をつけることも大事になります。直射日光が当たる場所や気温変化の激しい場所(エアコンやストーブの近くなど)には置かないようにしてください。

空気によって化学反応を起こしてしまうので、密封袋にいれての保管がより効果的です。少しでも空気に触れる時間を少なくさせることにより、変色を防いでくれます。

最近ではネット通販などで変色防止スプレーも売っています。毎日お手入れするのが面倒だったり、指輪をつけっぱなしにする人にはオススメです。気になった方はぜひチェックしてみて下さいね。

便利なものを活用しながら、自分でもお手入れしていきたいものです。お気に入りのプレゼントやブライダルリングならお手入れしているうちに、さらに愛着がわき指輪を大切にすることができるでしょう。

「指輪のキレイを保つコツ」

アクセサリーの中でも使用頻度のたかい指輪ですが、少しでもキレイな状態で身に着けていたいですよね。

日常生活の中でも気をつけられることは沢山ありますので、いくつかご紹介したいと思います。

家事をするときには外す。

少ない洗い物の場合や洗濯物を干す際、指輪を外さずに家事をする人は多いと思います。

指輪をつけたまま家事をしていると、洗剤などの化学成分が付着したりして変色の原因になってしまいます。どうしても外せない場合には、ゴム手袋をはめるなどして対策をしましょう。お風呂に着けたまま入る人も注意が必要です。

お化粧する際には外す。

化粧品には様々な化学成分が入っており、指輪を汚してしまう一因になりかねません。

お化粧する際には外すのが無難です。また、ハンドクリームを塗る際にも注意が必要で、塗った後には乾いてから指輪をするようにしましょう。

硬いものを掴んだり、重いものを持たない。

電車やバスのつり革や手すりを掴んだり、重い荷物を持ち上げたりすると指輪に摩擦がかかり傷つけてしまう原因になります。指輪をつけているときには、すこし意識してみましょう。

素材よっては傷つきにくい物もあるのでそういった指輪を選んでみたり、あえて凝ったデザインを選ぶのも傷が分かりにくくて良いかもしれません。

デザインだけでなく素材にもこだわり、自分のお気に入りの指輪を見つけたいですね。

「まとめ」

指輪のお手入れ方法はどれも簡単なものばかりなので、無理なく続けられそうですよね。黒ずむ原因が分かっていれば気をつけられますので、汚れるのが嫌だからと着けることをためらわずに指輪を楽しむことができます。

自分でお手入れしていても取れないようなひどい汚れの際には、プロやお店の力も借りましょう。日々のお手入れとお店のケアと上手に組み合わせていくことにより、購入したときの輝きを保てることでしょう。

黒ずむことを恐れずにお気に入りの指輪を毎日つけて楽しみましょう。