アクセサリー

自宅で簡単!指輪のクリーニング方法

みなさんが今つけている指輪、掃除したのはいつでしょうか?お気に入りの指輪だったり結婚指輪などは毎日のようにつけていたり、お風呂や洗い物をする時につけたままの方も多数いらっしゃると思います。

毎日使っていてもあまり汚れているようには見えなかったりしますよね?でもその指輪、実は結構汚れているんです!

やっぱり身に着けるものは綺麗なものでいたいですよね。今回はそんな指輪のクリーニング方法や、正しいお手入れ方法をご紹介していきたいと思います。

指輪が黒ずむ原因は?

実はシルバーの指輪は、使わず置いておくだけでも黒ずんでしまうんです。知っていましたか?私も初めて知った時にはびっくりしました。

黒ずむ原因は主に2つ挙げられます。

  1. 空気に触れることで硫化してしまったり、摩擦で表面が磨かれてしまう為
  2. 硫黄成分に触れることで化学反応をおこし黒く変化してしまう為

硫化とは空気中にある硫化水素と化学反応を起こしてしまうことで、指輪表面に硫化銀が発生してしまうことです。

このことにより、使っていなくても黒ずんでいってしまうのです。使わず置いておくだけで変色してしまうなんて怖いですよね。

うっかりつけたまま温泉に入って、「あ~、やってしまった!」という経験みなさんにはありませんか?お気に入りの物だと相当なショックを受けます。

硫黄は人の体にも含まれているので、場合によっては肌に当たる部分が変色してしまったりすることもあります。いくら気を付けていても汗や摩擦など日常の中で黒く汚れていってしまうんですね。

最近では黒ずみ防止でメッキやロジウムなどでコーティングされた指輪やアクセサリーも販売されています。

しかし、使っていてはやはり汚れてしまうもの。見た目にもよくないですし、ピカピカの指輪をつけていたら毎日の気分まであがることでしょう。

黒ずんでしまった指輪をキレイにするには?

うっかり温泉に入って真っ黒に変色してしまった指輪でも、自宅にあるものでだけでキレイにクリーニングすることができます。

いくつか方法があるので、順番にその方法をご紹介したいと思います。

<アルミホイルでキレイにクリーニング>

用意していただくもの

  • アルミホイル
  • 鍋やボール
  • お湯
  1. 鍋かボールにアルミホイルを敷き、その上に指輪を置きます。
  2. 塩を振りかけ熱いお湯を注ぎます。塩と水の割合は1:5です。
  3. 数分間浸した後に拭くとピカピカになります。

注意してほしいのはお湯の温度が低いと化学反応が起きないので、熱々のお湯を注いでください。その際、火傷には十分お気をつけ下さいね。

ちなみに塩がない場合には、重曹でも代用が可能です。“お酢“を使って汚れを落とすという方法もありました。

これでもキレイにならなかった場合には、上と同じやり方で鍋で煮ると更にキレイにすることができます。指輪の汚れ具合によってやり方を選んでみてください。

鍋で煮る場合、パーツや石がついた指輪ですと取れてしまうこともあるのでオススメはできません。

<歯磨き粉でクリーニング>

用意していただくもの

  • 歯磨き粉
  1. 歯磨き粉を黒ずんでいるところに直接つけ擦る。
  2. 水で洗い流しキレイに拭く。

歯磨き粉に含まれる研磨剤を利用した方法でなんとも簡単なやり方です。

あまり力をいれて擦りすぎたり、歯ブラシを使って磨いてしまうと傷になってしまうことがあるのでクリーニングの際にはお気をつけ下さい。

<磨きクロスを使ってクリーニング>

用意していただくもの

  • 磨きクロス
  1. 磨きクロスを使いやさしく拭きあげる。

磨きクロスとはシルバーやゴールドを磨くことのできる布で100均などでも売られています。一番手軽で簡単なやり方ではないでしょうか。

この他にも専用のシルバークリーナーが販売されていたりするので、自分でやるのが難しい方や凝ったデザインの指輪をキレイにしたい場合にオススメです。

汚れないための予防方法はあるの?

置いておくだけも硫化してしまう指輪ですが、なるべく汚れが付きにくくする方法もあります。黒ずみを防止したい人にオススメなのが、シルバーを入れる“専用の保存袋”です。

保存袋にいれて保管しておけば硫化して黒ずんでいくのを防いでくれます。なんとも便利な袋ですね。

また専用の袋でなくともジッパー付きの袋に個々に保管したり、身に付けた後にはこまめに拭きあげアクセサリーケースにしまうなどすることも予防につながります。

保管場所は直射日光の当たらない場所気温の変化がすくないところに保管しましょう。指輪などは湿度変化にも敏感です。

また、化粧品の成分中には貴金属と化学反応を起こすものもあるので要注意です

プールや温泉などで身に着けたまま入ってしまうと変色してしまう原因になるので、外してから入るのなど身に着ける方法を改めるのも汚れを防止するうえでは大事になります。

お皿洗いの際にもできれば外すことが無難です。なぜなら石鹸や洗剤のカスが溜まったり、たわしやクレンザーの摩擦で傷をつけてしまうことがあるからです。

日常生活の中でも気をつけれることが沢山あるんですね。とくに夏は汗をかきやすい季節なので変色に要注意で、こまめなお手入れが必要になります。

きれいな指輪でいるためには日頃の扱いた方が重要になるんですね。

正しいお手入れ方法とは?

貴金属は間違ったお手入れをしてしまうと劣化する原因となってしまいます。指輪の素材に合わせたお手入れ方法が必要となり、きちんとケアしていけば長くきれいな状態のまま使っていくことが可能です。

まずは指輪の素材をみてみましょう。

気をつけてもらいたいのは、真珠や特殊な石などを使った指輪やコーティング加工された指輪の場合には中性洗剤を使うことができないので注意が必要です。そういった場合には拭くだけにとどめお店に頼みましょう。

最近では指輪を購入したときにアフターケアをしてくれるお店も増えているので、お店のクリーニングを利用するのもひとつです。お店にある超音波洗浄機を使えば、あっという間にキレイにすることができます。

自分でもできる日々のお手入れとお店のクリーニングを上手く使い、購入したときの輝きをぜひともキープしたいものです。

まとめ

一見お手入れが面倒そうな指輪ですが、少しの手間と日々のお手入れでキレイさを保てることが分かりました。

指輪は特別な贈り物だったり記念品だったり思い入れのあるアクセサリーだと思います。お手入れして長く使えば使うほどに愛着もわき、より一層大事にしていくことができますよね。

クリーニングされたキレイなアクセサリーはあなたの美しさをさらに引き立ててくれることでしょう。