妊娠

妊娠から出産までにかかる費用は平均でどれくらい?

妊娠から出産までにかかる費用は平均でどれくらい?

お腹に赤ちゃんがいることが分かると、どうしようもないくらい嬉しいですよね。

でも、妊娠してから出産までには約10ヶ月の期間と、その間に病院で検査を受けるなどの費用も発生します。

妊娠から出産までに、いくらくらい必要かご存知ない方もいらっしゃいますので、今回は初めてのママさん達が特に気になる、妊娠から出産までの費用についてまとめていきたいと思います。

何にお金がかかるの?

妊娠から出産までにかかる費用 どれくらいのお金?

妊娠してから赤ちゃんに出会うまでには、出産費用だけでなく他にも色々とお金はかかります。

私自身の出産経験やママ友の話を聞くと、平均して全部で50〜60万円ほどかかりますが、健康保険に入っていると42万円の給付金が出るので、10万円ほど用意しておけば良いと思います。

では、妊娠から出産に必要な費用を順番に見ていきましょう。

衣類・生活用品

マタニティワイドパンツ(Amazon)

妊婦用の「衣類・生活用品」が必要になります。

体型の変化によって着られる服が変わるので、マタニティウェア・マタニティブラ・マタニティショーツが必要です。

マタニティウェアも安いもので2千円前後でありますが、何着か必要なのでそろえるのは大変です。

5ヵ月の戌の日にする腹帯も必要ですが、これは2千円前後で売っています。

抱き枕やケア用品など

妊婦用抱き枕

妊婦用抱き枕(Amazon)

体勢を楽にする抱き枕・歩きやすい靴・妊娠線予防クリーム等、人によって必要な物があるので自分に必要な物をそろえて下さい。

ベビー服やベビー用品を売ってるチェーン店を利用すると、マタニティ用品にかかる費用を抑える事ができます。

マタニティヨガ教室など

マタニティヨガ教室

また妊婦さん達のマタニティスイミングやマタニティヨガ等の教室があります。

産院・病院併発の教室や自治体がやっているレッスンは無料だったり、ごく少額で参加出来 るものがあります。

興味のある方は、ぜひ調べてみて下さいね。

妊婦健診について

妊婦の健診費用

妊娠・出産については健康保険が使えないため、1回あたりの健診費用が3〜5千円、検査がある時は1万円かかることもあります。

しかし最近では、妊婦さんの経済的負担を減らすために公費で助成されるようになりました。

助成の内容や金額は自治体によって様々ですので、妊娠届けを提出したら母子手帳と同時に「妊娠健康診査受診票」を貰うので、内容をよく確認して下さい。記入出来る所も書いておきましょう。

私の時は14回分の無料券が付いてました。

日本は、国として妊婦検診の「無料化」を掲げているために、妊婦健診はタダだと思ってる人もいますが違いますよ

最初の受診費は必要ですし、基本的な助成項目以外の診察は自己負担になるので注意して 下さいね。

点滴や1日の入院費用について

あと、体調が悪くて来院した時の費用や点滴代などもかかりますね・・・

その他に、出産以外での入院にも1日で約1万円の入院費がかかります。この入院の場合、生命保険で入院費をカバー出来たりするのでチェックしてみて下さい。

ただし、生命保険が出るのは一旦支払いした後なので、現金は必要になりますよ。

出産に関する費用

出産準備品

お産セット 楽天

お産用セット(楽天)

病院によってはお産セットを購入します。

私の通ってた病院では8ヶ月頃にお産セットに5千円と、同時に入院予約金5万円を支払いま した。

お産セットには、ナプキン類・赤ちゃんのお臍消毒セットなどの衛生用品等、出産に必要な物が入ってます。

入院前の準備

入院前の準備

10ヵ月になったらいつでも入院出来る様に準備をしておきましょう。

入院前に準備するもの
  • マタニティパジャマ(前開きの物):2〜3枚
  • マタニティブラ・授乳用ブラ:4〜5枚
  • 産褥ショーツ・生理用ショーツ:5枚
  • 母乳パッド・夜用ナプキン
  • スキンケア用品・スリッパ・靴下・ガーゼハンカチ
  • 退院時の赤ちゃんの肌着・服・おくるみ

私はこれだけでしたが、事前に何が用意されてるか病院に聞いて、そろえて下さいね。

分娩費用

自然分娩には健診保険適用されません。

出産には40万円前後の費用が一度に必要です。・・・が、健康保険に加入していれば42万円の出産育児一時金が給付されます。

実質負担額は数万円というのが一般的です。

帝王切開は健康保険が適用されるので、手術代・投薬代が3割負担になります。また、生命保険も適用されるので、10万円程戻ってきます。

入院予約金を入金されてた場合、42万円と合わせて計算します。差額は後日返金。不足分はその場で払います。

子育てにかかる費用

ベビー用品

今回は、妊娠から出産までの費用についてですので紹介しませんでしたが、この他にもベビー用品をそろえなくてはいけないので、ベビー用品代もかかります。

ネットやチェーン店、SALEなどをうまく活用して下さいね。

まとめ

妊娠から出産までの費用

今回は、私の経験も交えて、妊娠から出産までの費用についてまとめましたが、参考になりましたでしょうか。

自治体によって助成の方法・金額が違うので、事前チェックを忘れずにしてください。病院によっても分娩費用が違ったり、準備・完備してあるものも違うのでコレも注意が必要です。

順調に妊娠〜出産までいくと考える場合は、健康保険での給付金42万円と別に10万円ほど用意しておくと良いでしょう。さらにベビー用品も買ったりすると、もう5万円は必要かもしれませんね。

出産にかかるお金の事はもちろん大事ですが、安心して出産までできる施設や信頼出来る医師・看護師を選んで、元気な赤ちゃんを産めるといいですね!