アクセサリー

アクセサリーの洗浄方法!簡単お手入れでピカピカに!

みなさんは普段アクセサリーを身に付けたあと、どのように保管されていますか?はずしたらそのままジュエリーケースにしまいますか?ドレッサーの前などに放置してしまってはいませんか?

ちょっと待ってください!

身に着けていたアクセサリーをそのまましまって、また次回に着用する、をくりかえしているとせっかく自分で買ったりプレゼントされたりしたお気に入りのアクセサリーが変色してしまったり艶を失ってくすんでしまったりしてしまいますよ。

着用したらきちんとお手入れしてからしまいましょう

とはいうもののアクセサリーのお手入れってどうやるの?購入したアクセサリーショップなどにお願いするの?おうちでもできるのかしら。でもなんだかめんどう。。。そう考える方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は簡単お手軽にアクセサリーをお手入れする方法を調べていきたいと思います。

アクセサリーの汚れの原因は?

まずはアクセサリーに付着する汚れの原因を調べてみます。

直接肌に触れるアクセサリーに付着する汚れは皮脂や汗、ファンデーションや香水などの化粧品、そして空気中のちりやほこりが主な原因だと考えられます。それらの原因によって変色や黒ずみ、錆びや傷などができてしまうのです。

化粧はしないわけにはいきませんのでせめてアクセサリー類を装着するまえに化粧を終わらせ、手や指についた化粧品類もきちんと落としてからアクセサリーを手に取り、着用するようにしましょう。

汗ばむ季節ならアクセサリーを着用する前に少し汗を押さえておくのもよいでしょう。こういったことを注意することで汚れを完全に防ぐことはできませんが少しでも軽減することはできるかもしれません。

アクセサリーの簡単なお手入れ方法の種類

気を付けてはいても化粧品や皮脂、汗などがアクセサリーに付着するのはどうしても避けられませんから、ここからはお手入れ方法を調べていきたいと思います。

  • 布で汚れをふき取る
  • 水洗いする
  • 重曹を使う
  • 専用クリーナーを使用する

ざっと調べたところこのあたりならおうちで手軽にできそうな気がします。

次ではそれぞれの方法について細かく調べてみましょう。

アクセサリーの簡単なお手入れ方法のくわしいやりかたは?

布で汚れをふき取る

まずは一番簡単な方法として布で拭きとる方法です。アクセサリーをはずしたあと、付着しているであろう汗や皮脂、化粧品やちり、ほこりなどをふきとります。

この場合大事なのは柔らかく毛羽立ちの少ない素材のものを使用することです。ごわついて硬い素材のものだとアクセサリーの種類によっては細かい傷がついてしまいかねませんし、毛羽だつ素材のものだとその毛羽がアクセサリーにも付着してしまいます。

手に入りやすいものでいうとメガネ拭き用の布が適していると思います。柔らかく毛羽立ちが少ないことはメガネのレンズを拭く際にも必要なので代用することができます。比較的安価に手に入れることができますし最近では100円ショップでも見かけます。

ほかにはセーム革、というシカやヤギの皮をなめしたものもあり、こちらも貴金属のほかにもメガネやカメラのレンズなどを傷つけずにお手入れするものとして売られています。

100円ショップで見つけるのは難しいかもしれませんが、アクセサリーを拭くようサイズのクロスならそれほど高価にはならないと思います。

水洗いする

水洗いする、と聞くとなんだか大胆な方法のように思いますがアクセサリーに付着した汚れを取るためにはとても手軽で簡単な方法のひとつだと思います。

流水でさっと汚れを流したり、器に水を張りその中で振り洗いします。水洗いしたあとはやわらかな布で水分と浮いた汚れをきれいにふき取りましょう。

ぬるま湯に中性洗剤を溶かしてその中で洗う、という方法もあります。水洗いだけよりも皮脂やファンデーションなドの汚れがはがれやすいかもしれません。この場合は研磨剤の含まれていないものを選びましょう。

手軽な水洗いですが、この時気を付けなければいけないのは素材です。水に弱い性質をもつものはこの方法でお手入れすることはできませんので注意が必要です。

さんごやパール、琥珀などのような有機質のものは水に弱いので水洗いにはむきません。ほかにもオパールやムーンストーンなどは水につけると変色することもあるということなので避けたほうがよいでしょう。

重曹を使用する

お掃除などにも使われることのある重曹。ご自宅にある方も多いのではないでしょうか。この重曹を使ったお手入れ方法は主にシルバー製品の黒ずみを取るのに有効です。メッキ加工したものでなければゴールドにも使える方法だと思います。

耐熱容器にくしゃっとしわをつけたアルミホイルを敷きます。その上に重曹を小さじ一杯程度入れ汚れを取りたいアクセサリーをのせ、お湯をそそぎそのままの状態で五分ほど置いておきます。そのあとはやはりやわらかい布やセーム革のクロス等で拭きましょう。

専用クリーナーを使用する

アクセサリーのお手入れのために作られた専用のジュエリークリーナーがあり、液体に漬け置きするタイプ、泡で出てくるスプレータイプ、超微粒子研磨剤入りの専用クロス、クリーム状のものなど数多くの種類があります。

ゴールド素材に適したもの、シルバー素材に適したもの、ある特定の素材に特化して開発されたもの、いくつかの素材に使えるような汎用性のあるものなど様々な種類がありますので自分の持っているアクセサリーの性質に合うものの中で自分の使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

お気に入りのアクセサリーを長く楽しむために

ここまでアクセサリーの洗浄方法や日々のお手入れにてついて書いてきました。

アクセサリーを身に着けるうえで皮脂や汗、ファンデーションが付着してしまうのはどうしても避けられないことですが、アクセサリーを装着する前にお化粧をすませておいたり、手をきれいにしておいたりと些細なことでも気を付けることで汚れを軽減できます。

また、毎日ジュエリークリーナーを使用したり、重曹を使用した洗浄をすることが大変だと感じたら普段はアクセサリーをはずしたあとやわらかい布やセーム革などで乾拭きする程度にしておき、週末など時間に余裕のあるときにスペシャルケアとして水洗いや重曹洗い、ジュエリークリーナーでの漬け置き洗浄などをするのもよいでしょう。

もちろんその時はそれぞれのアクセサリーの特徴や性質に合った洗浄方法で洗浄することを心がけましょう。

毎日の汚れを布などで簡単に拭いておくだけでも汚れをそのままにしておくことに比べれば雲泥の差でしょう。

そして収納方法ですが、みなさんはどうされていますか?アクセサリーボックスなどに収納している方も多いのではないでしょうか。

アクセサリーボックスの中にきれいに並べて収納してある状態を眺めるのも楽しいですが、アクセサリー同士が擦れるような状態での収納方法は実はお勧めしません。隣り合うアクセサリー同士があたることでこすれたりすることで傷ついてしまうおそれがあるからです。

見た目的にはアクセサリーのキラキラが見えにくくなってしまうのですがひとつひとつを個別に小さなジッパー袋に入れて収納することをおすすめします。

これによってアクセサリー同士がぶつかって傷つく心配もなくなりますし、空気に触れることでの酸化も防ぐことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はアクセサリーの様々な洗浄方法、おうちでの簡単な日々のお手入れについて書いてきました。

これらの方法を取り入れて、ぜひお気に入りのアクセサリーをきれいな状態で長く楽しんでくださいね。