クリーム

産後の胸に変化が!? バストケアを忘れずに!

産後の胸に変化が!? バストケアを忘れずに!

女性は女性ホルモンの変化によって胸のサイズが変わります。

特に、妊娠してから出産後までは女性ホルモンの分泌量が大きく増減して、胸に大きな変化が生じるのです。

そこで今回は、具体的な胸の変化とバストのセルフケアについて、ご紹介していきます。

妊娠してから出産後までのバストの変化

妊娠 出産 バストの変化
女性の胸は妊娠しているときから出産後にかけて大きな変化が起こります。

妊娠すると赤ちゃんを育てるために、女性ホルモンの分泌量が増加して胸が膨らみ始めます。出産の直前がもっとも胸が大きい状態です。

出産後もその胸のサイズをある程度は維持することができますが、授乳期間が終わる頃に近づくにつれて徐々に胸が小さくなっていきます。

乳首 黒ずみ 原因 摩擦

また、筋肉が十分についていない女性の場合は、急激に重くなった胸を支えることができずに徐々に垂れてしまいます。

授乳期間が終了する時期になると、妊娠する前よりもサイズダウンすることもしばしばです。

ちなみに、急激に胸のサイズが変化するので、バストラインが崩れることも少なくなく、産後も美しいバストを維持したいのであればバストケアをすることです。

やっぱりバストケアが大事!

ナース 乳首 提案

出産後はバストがサイズダウンしたり、胸が垂れるようになったり、バストラインが崩れることなどが起こる可能性があります。

ときには胸にシワが生じやすくなったり、皮が浮いてしまうこともあります。これらの変化の原因はバスト周辺の皮膚の真皮が断裂するからです。

そこで、そのようなことを防ぐためにバストケアをしっかりとしましょう。

具体的なバストケア方法

バストケア 保湿ケア 乳首

具体的には保湿ケアです。

コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を与えてあげることで真皮の断裂を予防できます。

乾燥肌や敏感肌の人は保湿成分が配合された乳液やクリームを使うことをおすすめします。胸周りの皮膚を常に潤いのある状態にしてあげましょう。

ちなみに、どのクリームを選べばいいか迷ったときには妊娠線予防に特化したクリームを使うといいでしょう。妊娠線が生じるのも同じ理由なので、配合成分として保湿成分がしっかりと含まれています。

おわりに

今回は、産後の胸の変化とバストケアの方法についてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

女性は妊娠・出産の時には、特に胸に大きな変化が現れると思います。

きちんとケアしないと元に戻らなくなってしまうこともあるので、あらかじめ知識を身につけて予防するようにしましょう。