クリーム

産後の黒ずみには美白クリームが効果的!?

産後の黒ずみには美白クリームが効果的!?

産後に残るシミや黒ずみは、時間が経てば解消されるものがほとんどですが、その消えていくスピードは人それぞれです。

もしくは、何もせずに放置すると「産後しばらくしても消えない!」なんてことも起こる可能性もあります。

今回は、そんな産後の黒ずみの原因と対処法についてお話ししますので、しっかりと対策して黒ずみ知らずの産後ライフを送れるようにしましょう。

産後の黒ずみの原因

黒ずみの原因 疑問

「産後にシミやソバカスが多くなった!」「下着の締め付けの部分が黒ずんでる・・・」など、産後の女性の悩みはつきません。

産後に黒ずむ原因にはいくつかありますが、1つにはお肌の黒ずみの原因となるメラニン色素の生成が出産によって活発化することが挙げられます。

メラニン色素の生成には、プロゲステロン(黄体ホルモン)エストロゲン(卵胞ホルモン)の働きが大きな役割を担っています。出産に必要となることから、その期間に多く生成され、結果として産後の色素沈着が起こります。

妊娠期は脇やお腹にも黒ずみが?

妊娠線 肉割れ

また、このような黒ずみは顔などに起こるだけではなく、脇やお腹・外陰部などにもみられます。

他にも、生まれながらに男女共に持っている正中線も、黒ずみとして見えてしまうことがあります。(これを妊娠線・肉割れと言ったりします。)

妊娠してはっきり、色濃く見えるのは、これも女性ホルモンの動きの活発化でメラニン色素の生成が激しくなっていることが原因です。

産後の黒ずみケア用のクリーム

黒ずみクリームでお手入れ

そんな症状にお困りの方には、美白化粧品や妊娠線専用の保湿系のクリームなどを使ってケアすることがオススメです。

色素の沈着がみられる箇所には、肌のターンオーバーを促す作用のあるビタミンB配合の化粧品を使ったり、デリケートゾーンには専用のクリームでメラニン色素を抑制しましょう。

お腹の黒ずみには、正中線用のクリームがありますのでそちらを使用しましょう。正中線用のクリームは医薬品外の刺激の少ない成分でできているものが多くあります。

どの部位の場合でも、まずは保湿を心がけるようにしましょう。

おわりに

産後の黒ずみの原因とケア方法

今回は、産後の黒ずみの原因とケア方法についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

黒ずみにはいくつかの理由がありますので、まずは原因を知りどの対策が一番あっているのかを探ってみましょう。

また、黒ずみの解消法の一つとして肌のターンオーバーを促すことがいいのですが、そのためにクリームやオイルでマッサージをして、肌や心をリラックスした状態にすることも効果があります。

産後の黒ずみをしっかりケアして、早く元の状態に戻れるように頑張りましょう!