アクセサリー

ピアスの黒ずみの除去方法とは?原因と対策もお伝えします!

ピアスの黒ずみの除去方法とは?原因と対策もお伝えします!

普段の何気ないコーディネートにも、耳元にプラスするだけで顔周りを華やかにしてくれるピアス。シンプルな一粒タイプや揺れるタイプのデザインなど、ピアスにはデイリーに着けられるデザインが多くて、嬉しいですね。女性にとって、その日のファッションや気分によって選べるピアスは、毎日使えるオシャレアイテムです。

でも、毎日身に着けることによって、知らないうちに黒ずんでいたり汚れがたまっていたりしていませんか?また、ピアスは汚れが付着したまま使うと、耳に炎症を起こしてしまうこともあるので心配ですね。

本当は、お店に持っていって、お手入れをしてもらうのが一番だとは思うけれど、時間がなかったり、費用がかかることを考えて、ついついしり込み尻込みしてしまう人もいるのではないでしょうか。

今回は、日々あなたを素敵に見せてくれる、そんなピアスの汚れの原因や、自宅で出来るお手入れの仕方、黒ずみにくくなる対策等をお伝えしていきます。

1.ピアスの汚れの原因

1.ピアスの汚れの原因

ピアスは、肌に直接触れていない部分でも顔に近いので、皮脂や汗、ファンデーション等の汚れが表面に付着しがちです。そこにさらに埃が吸着され、普通に着けて過ごしているだけでも、気付かないうちに徐々に汚れて変色していきます。それ以外にも、ピアスにヘアスプレーがかかったり、ヘアクリームやハンドクリームがついてしまったりすることもあります。これらの油分もアクセサリーには大敵です。

これらの汚れが着いたまま保管したり使い続けてしてしまうと、くすみや錆の原因になります。

その中でも、特に黒ずみが気になるのが、シルバーのピアス。シルバーのアクセサリーは放っておくだけでも、空気中の成分と銀が反応してしまい黒ずみの原因となるため、定期的なお手入れが必要なのです。

2.ピアスの黒ずみの除去方法とは?

ゴールドのピアスの場合

ピアスの黒ずみの除去方法

① 基本的な洗い方

〈準備するもの〉
・中性洗剤(台所用洗剤など)
・容器とぬるま湯

ぬるま湯に中性洗剤を溶かして、その中にピアスを入れます。少し時間をおいてから、丁寧に洗います。デザイン性のある細かい部分は、毛先のやわらかいコスメブラシなどを使って、やさしく汚れを落としてください

汚れが落ちたら、洗剤の成分が残らないようによくすすぎますが、この時、排水口にピアスが落ちないように、ザルなどを使ってすすぐと良いかもしれません。その後、糸くずの出ないやわらかい布で丁寧に水分を拭き取って、自然乾燥でよく乾かします。

② 汚れが強い場合の洗い方

〈準備するもの〉
・中性洗剤(台所用洗剤など)
・重曹(ドラッグストアや、ダイソーやセリアなどの100均でお手軽に手に入ります。)
・容器とぬるま湯

中性洗剤に重曹をまぜてペースト状にし、指でゆっくりと丁寧にこすり洗いしてみてください。中性洗剤だけでは落ちなかったくすみや変色もきれいになり、以前の輝きを取り戻すことができます。

ここで余談ですが、もし購入した重曹が余ってしまっても、キッチンのお掃除やお部屋の臭い消し等、使える用途は沢山ありますので安心して下さいね。

③ その他の洗い方(塩を使っての洗い方)

〈準備するもの〉
・耐熱容器とお湯
・アルミホイル
・塩

耐熱容器にアルミホイルを引いて(アルミホイルは、手でくしゃっとしてから入れてください)、その上に、お湯100ml、塩小さじ1を入れて、ピアスを入れます。そのまま5分ほど放置してから取り出して、しっかりと乾かします。

ダイヤモンドのピアスの場合

ダイヤモンドのピアス

ゴールドのピアスの場合の、①基本的な洗い方と同じ方法で洗います。

ただし、ダイヤモンドを洗う前に注意してほしいことがあります。それはダイヤモンドがはまっている爪から、石が外れそうになっていないかを確認してほしいのです。

少しでも石が動くようでしたら、爪の部分が緩んでいるかもしれません。洗っている最中に石が外れてしまうことがあるので、気をつけましょう。

シルバーのピアスの場合

シルバーのピアス

① 重曹を使った洗い方

〈準備するもの〉
・重曹
・耐熱容器とお湯(沸騰する手前80℃くらい)
・アルミホイル

耐熱容器にアルミホイルを引いて(アルミホイルは、手でくしゃっとしてから入れてください)、その上に、沸騰する手前のお湯100ml、重曹小さじ1を入れて、ピアスを入れます。

重曹液にピアスを入れた瞬間に、シュワ~っと汚れが取れていくのがわかります。この一瞬で汚れが落ちたように思いますが、細かい部分については徐々に黒ずみがとれていくようなので、5分くらい経ってから取り出して、しっかりと乾かします。

② 歯磨き粉を使った洗い方

〈準備するもの〉
・歯磨き粉

歯磨き粉はどの家庭にもあるので、気軽に取り掛かれます。やわらかい布に、適量の歯磨き粉を取り、黒ずみが落ちるまで擦ります。

ただし、顆粒・研磨剤入りの歯磨き粉は避けた方が無難です。また、しばらくは歯磨き粉の臭いがピアスに残ります。その上、指や布が届かない細かな部分は黒ずみが落ちにくいので、それらが嫌だなと思う方は、①の方法で洗ってくださいね。

③ 炭酸水を使った洗い方

〈準備するもの〉
・炭酸水

炭酸水に一晩つけておくだけという方法もあるようです。こちらもお手軽な方法ですね。

私はこの方法は試したことはありませんが、炭酸水はナチュラルクリーニングのお掃除グッズとして使われているので、試す価値はあるかもしれません。

ただし、コーラなどの甘みが添加されているものは、使用しない方がよさそうです。

パールのピアスの場合

パールのピアスの場合

パールのピアスについては、メガネ拭きなどのやわらかい布でやさしく拭いてください。

汚れがひどい場合は、固く絞った布で水拭きをしても大丈夫ですが、その場合は特によく自然乾燥させてください。パールに水分が残ったままにしておくと、そこからパールが痛んでくるため注意が必要です。

今は、コットンパールを身に着けている方も多いですね。コットンパールは、その名の通り「綿」で出来ているので、水に濡らすのは避けてくださいね

また、サンゴやターコイズ、ムーンストーンなども水に弱いため、石の部分を水で洗うのはやはり控えてください。

3.ピアスの黒ずみ対策を、簡単に行える3点にしぼってみました

ピアスの黒ずみ対策

気に入って購入したお気に入りのピアスは、もちろん日常使いしたいですよね。長持ちさせるための対策を、3点にしぼってお伝えしていきましょう。

① 日ごろのお手入れは、とにかく使ったらさっと拭いてからしまう習慣をつけるということです。アクセサリー磨き用のクロスを、ジュエリーボックスのそばに用意しておいて(100均にもあるようですが、研磨剤が入っていないものを選んでください)、それで毎回さっと拭いてから戻す習慣をつけると、驚くほど変色を防ぐことができます。

② 保管するときは出来るだけ、アクセサリー同士がくっつかないように保管することも大切です。アクセサリー同士が擦れて傷がついてしまい、そこから黒ずみになってしまう事があるからです。その際の収納ですが、私は無印良品で購入した、仕切りのあるアクリルボックスを利用しています。細かい仕切りがあるのでアクセサリー同士が接触することなく、またボックス自体が透明なため、蓋を閉じたままですべてのピアスを見て選ぶことができます。

ほかにもピアスの収納で多いのは、壁にコルクボードを取り付けそこにフックを止めて、ピアスをかけるという方法があります。コルクボードもフックも100均でお手軽にそろえる事が出来るので、見せる収納が好きな人は良いかもしれませんね。

③ 外出前にメイクやヘアスプレーを終えて手を洗った後、最後にピアスをつけるという事です。これを行うことで、かなり余計な油分がつく機会を減らすことが出来ます。

これらの3点に気を付けるだけで、汚れの付着をかなり防ぐことができ、ピアスの黒ずみ対策になります。

まとめ

ピアスを含め、アクセサリーの日々のお手入れは少し面倒かもしれません。でも、1つ1つに手をかければかけるほど愛着がわき、大切に思えてくるはずです。

あなたの耳元で、いつもあなたを素敵に見せてくれるピアス。長く使うために、これを機会に毎日のお手入れを始めてもらえると嬉しいです。