黒ずみの原因

乳輪の黒ずみが取れない!という方におすすめのケア

黒ずみが取れないとお悩みの方へ

女性 疑問

若い時はきれいな色の乳輪をしていますが、年齢を重ねると黒ずんでしまい、その黒ずみが取れないと悩む人が多いです。

そして、自信をなくしてしまう方もいるので、早めにケアを取り入れるようにしましょう。

今回は、乳輪の黒ずみの原因と改善方法を紹介します。

黒ずみの原因とは?

乳輪に黒ずみが発生してしまう原因は、主に外的な刺激が考えられます。

デリケートな部分ほど摩擦による刺激を受けてしまうため、黒ずみが発生しやすいです。

ブラジャーの摩擦や洋服の摩擦、また紫外線による影響も原因となっています。

メラニン色素

刺激を受けることで真皮を守るためにメラニンが発生するのです。これが色素沈着して取れなくなってしまい、黒ずみができてしまいます。

色素沈着は洗っても取れないものなので、専門機関に頼るか専門の化粧品を使わないと改善できません。

授乳している方であれば赤ちゃんがおっぱいを吸うので、刺激により黒ずみが発生するとも言われています。

他にも出産後のホルモンバランスの乱れやアトピー性皮膚炎でも、乳輪に黒ずみが発生しやすいです。

美容外科でのケアについて

%e6%82%a9%e3%81%bf%e3%80%80%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%80%80%e4%b9%b3%e9%a6%96%e3%80%80%e9%bb%92%e3%81%84

外部の刺激を避けるようにして、しばらくしても黒ずみが取れない場合、メラニンを除去してきれいな状態の乳輪を取り戻したい時は、ハイドロキノンがおすすめです。

これは美白成分として需要の高いもので化粧品にも多く使われています。主にしみや色素沈着を除去できる商品であって、効果は実証済みです。

市販されているハイドロキノンは比較的濃度の低いものが大半となっています。

より効果的なハイドロキノンを利用すれば除去率も上がりますが、市販品では限界があり黒ずみが取れないこともあります。

濃度の高いハイドロキノンを使いたいなら美容外科を利用するといいでしょう。

すみれ

美容外科ではトレチノインとハイドロキノンを使った治療方法を採用しています。1日に数回乳輪に塗るだけでいいので、余計な手間もかかりません。

従来はレーザーを使用して黒ずみを除去していました。しかしハイドロキノンとトレチノインを使うと、より安全に施術が出来るので患者への負担も少ないです。

頑固で取れない色素沈着は個人で治療をしても時間がかかってしまいます。クリニックを利用すれば専門家のアドバイスのもと、安全に治療できるので検討してみましょう。

睡眠

おわりに

今回は、乳輪の黒ずみのケア方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

このサイトでは、黒ずみの原因やケア方法についてもまとめています。

原因となる習慣をなくしてきちんとケアすれば、黒ずみは改善されていきますので、こちらもぜひ読んでおいてくださいね。