治す方法

乳輪の黒ずみを食事で改善

乳輪の黒ずみを食事で改善

乳輪が黒ずんでいると気になりますよね・・・

デリケートな場所だけに気になるけれど誰にも聞けなくて、改善のしようがないと悩んでいる方も多いでしょう。

そんな乳輪の黒ずみの悩みも、食事で改善できるとても簡単な方法があるのです。

そこで今回は、どのような食事をすればきれいな色の乳輪になるのか見ていきましょう。

美白成分ビタミンC

ビタミンC 柑橘類

ビタミンCは、美白に欠かせない成分です。

メラニン色素の生成や沈着を抑える効果があるので、できてしまった黒ずみを薄くしてくれます。

乳輪の黒ずみも同じで、ビタミンCを取ることで改善されます。

また、加齢やストレスなどによって体内に増えて来る活性酸素が、細胞を酸化させ体の老化を促します。

この活性酸素も黒ずみの一因なのですが、ビタミンCが細胞の身代わりになって酸化され、細胞を老化から守ります。

また、肌の再生に必要なコラーゲンもこのビタミンCによって作られるので、古い角質を取り除き、新しくキレイな肌の色をたもつことができます。

ビタミンCは柑橘類が有名ですが、アセロラキウイフルーツにも豊富に含まれています。

食事の後のデザートに取り入れてみるのもいいかもしれません。

代謝をアップビタミンA

ビタミンc 緑黄色野菜

ビタミンAは体内の新陳代謝を促進させてくれます。肌の生まれ変わりがスムーズになり、ハリやつやを保つことができます。

これが適正に行われないと古い角質が残り、これが乳輪の黒ずみとなります。

ビタミンAは、ニンジンやブロッコリー、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれていますので、毎日の食事に必ずこれらの野菜を食べることを習慣づけましょう。

また、卵やレバーなどにも含まれているので、野菜を組み合わせて食事を考えれば一石二鳥の効果が期待できます。

油分や糖分にはビタミンB6

ビタミンB 豆腐

乳輪の黒ずみは、老廃物が酸化することによって毛穴に角栓がつまり、そのために黒く見えてしまうことから起こります。

その老廃物は、油分によってより酸化しやすくなります。

ビタミンB6不足になるとその皮脂分泌が活発になり、酸化が進んでしまうのでこれを取ることで酸化を抑制します。

ビタミンB6は、バナナや豆腐、さつまいもなどに多く含まれています。

一度に多くは食べられないかもしれませんが、特に脂っこい食事のときには意識して一緒に食べると効果が上がります。

おわりに

今回は、入林の黒ずみを改善する食事についてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

食事による改善は、効果が出るまで時間がかかりますが、乳輪・乳首だけでなく体全体のお肌が改善されていきます。

ぜひクリームなどのケアと一緒に進めていってくださいね。