妊娠

妊娠で胸が大きくなる?〜妊婦さんの胸の変化について〜

妊娠で胸が大きくなる?〜妊婦さんの胸の変化について〜

「妊娠」は、女性にとってはとても喜ばしいことですよね。

でも同時に、沢山の事に気を付けたり、注意しながら過ごしていかなければならなくなります。

今回はそんな中でも、妊婦さんが悩みがちな胸の様々な変化について、お話ししていきたいと思います。

肌トラブルにはご用心!

肌 黒ずみ 新陳代謝 乳首

妊娠すると、まずは胸に異変を感じる人が大変多いと言われています。なかには、最初に妊娠に気付いたきっかけは胸が張って痛かったから、なんていう方もいらっしゃるくらいです。

胸が張る、つまり「大きくなる」ということは普段小さくて悩んでいる人にとっては願ったり叶ったりの非常にありがたい出来事でもありますよね。

しかしながら、それにともなって気を付けたい事があります。その一つがムレやスレによって皮膚がダメージを受けることです。

下着のサイズを見直しましょう!

ブラ 乳首 黒いシミ

胸は下着で覆っている箇所ですので、胸が大きくなるとその分下着との密着度が高くなり、それに伴って起こるトラブルが増えるのです。

妊娠時の胸の張り方には個人差がありますが、とにかくキツいと感じたり何らかの違和感があれば出来るだけ早めに下着の見直しを検討しましょう。

肌に異常を見つけたら?

妊娠しているとただ単に胸が大きくなるだけではありません。

皮膚が非常に敏感になったり、ホルモンバランスが崩れるので湿疹が出来やすくなったり、痒みを感じたりすることも多いようです。

トラブルが大きくならないうちに早めの対処を心がけましょう。

妊娠線には保湿が効果的!

妊娠線 肉割れ

胸が大きくなったことに伴う注意点として、乾燥も挙げられます。

妊婦さんにとって、乾燥によって引き起こされる最も厄介なトラブルが「肉割れ」ではないでしょうか。

肉割れは妊娠線とも言われ、主な原因が妊娠などで急激に贅肉が増えるとそれに付いていけない皮膚に亀裂が入ってしまう事を言います。

しかしながら、この現象はしっかりと保湿して皮膚に弾力を与えると防げるとも言われています。

たっぷりと大きくなった胸のお肉をしっかりとホールドしてくれる、伸びやかな皮膚にするためにはとにかく乾燥をさせないことです。

トラブルのない授乳生活を!

バストケア 保湿ケア 乳首

またしっかりとした保湿をしておく事は、赤ちゃんが産まれて授乳するときにも良いのです。

初めての場合は特にですが、授乳は乳首の皮膚にも大変な負担になります。授乳によって乳首の皮膚が切れてしまったり、血が出ることもしばしばです。

だからこそ、産まれる前からの万全なケアでしっかりとした皮膚を育てておくとその後もトラブルの無い授乳生活が送れるというわけです。

おわりに

妊娠期の胸の変化

今回は、妊娠期の胸の変化についてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

妊娠期は胸にいろいろな変化が起こりますので、このような体からのサインを見落とさずにきちんとケアしていきましょう。