胸のお悩み

寝る時に乳首がブラに擦れるときは?

寝る時に乳首がブラに擦れるときは?

昼間はブラをつけていても、寝るときはつけた方が良いのか、それともつけない方が良いのかで悩んだことがある人は多いのではないでしょうか。

今回は寝るときもブラをつけるメリットとブラの選び方を紹介します。

そもそもブラの役割とは?

乳首 摩擦 原因

摩擦から守る役割

ブラには、乳首を摩擦から守る役割があります。乳首は他の部位と比べてデリケートですから、摩擦により痛みや出血を起こしやすいです。

また摩擦を受け続けると、乳首が黒ずんでしまうこともあります。痛みや黒ずみを防ぐためにも、ブラは必要なのです。

クーパー靭帯を守る働き

また、良い形のバストを維持するという役割もブラは担っています。

女性の胸は脂肪組織や乳腺からできており、重みがあります。重みがあっても胸が下に垂れ下がらないのは、クーパー靱帯が胸を吊り上げてくれているからです。

しかし、クーパー靱帯はバストの揺れや、重力などにより伸びたり切れたりしてしまいます。

そしてクーパー靱帯は一度切れると、再生できません。ブラはクーパー靱帯を守り、胸が下垂するのを防いでくれているのです。

寝るときもブラをつけるメリットと選び方

宝毛 幸運 乳首

寝ている時でもクーパー靱帯は胸の重みによって伸ばされていますし、胸の揺れも想像以上に大きいです。

そのため寝るときもブラをつけて、クーパー靱帯を守ってあげることが、良い形のバストを維持するためには大切です。

しかし、いくら胸の形をキープするためとはいえ、寝ている間も締め付け感があるのは嫌ですよね。

そこで、寝るとき用のブラを選ぶ際には、ノンワイヤーで伸縮性のあるものを探しましょう。肩紐部分も広めになっており、頭からかぶるタイプがおすすめです。

また寝ている時は胸が動きやすく、ブラをしていても型崩れすることがあります。型崩れを防ぐためには、胸全体を覆ってくれるタイプを選ぶと良いでしょう。

おわりに

今回は、寝る時に乳首がブラに擦れるとお悩みの方へ、ブラの選び方についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今まで寝るときにブラをつけていなかった人は、寝るときもつけることに少し抵抗があるかもしれません。

しかし、年齢を重ねてもキレイな形のバストでいるためにも、寝るときもつけてみてはいかがでしょうか。