クリーム

胸の産毛の適切な処理方法

化粧水でお肌のケア

女性は男性に比べて体毛が薄いのが一般的ですが、中にはわき毛やすね毛が目立つ女性もいますし、胸部の産毛が濃い女性もいます。

胸の形や大きさだけを気にするのではなく、スベスベの胸を手に入れて、自信をもって水着を着ることができるといいですね。

今回は、胸の産毛の処理方法についてお話ししていきます。

カミソリや脱毛クリームを用いて

カミソリ等 ムダ毛処理セット

カミソリ

胸の産毛が気になる場合、カミソリで処理するのが一番気軽で簡単です。

ただ、何回も繰り返していると、肌荒れをしたりブツブツした感じになることもあります。また、カミソリの扱いを誤ってしまい、傷が出来てしまうと厄介です。

心配な方は、除毛クリームを使ったり、家庭用の脱毛器具を用いる方法もあります。

除毛クリーム

毛はタンパク質でできているのですが、除毛クリームはタンパク質を構成しているアミノ酸の結合をほどいて、毛を柔らかくします。

除毛クリームの場合、肌が弱い人が使うと刺激が強すぎて肌荒れを起こしてしまうことがありますので、注意が必要です。

除毛クリームはあくまでも毛だけに成分が作用するので、毛根は残ったままになります。

脱毛器具

脱毛器具を利用すると、特殊な光が毛根に作用して産毛が生えなくなります。

使ったその日に産毛がなくなるというような即効性はないので、数か月使い続けないと効果が現れません

家庭用脱毛機ケスルン

自分にあった処理方法を

どの方法を選ぶにしても、乳輪の周りはデリケートになるので慎重に処理をする必要があります。

今日や明日だけキレイにしておきたいのであればカミソリや脱毛クリームを、肌トラブルを少なくして長期的にキレイにしたいのであれば脱毛器具を、と用途によって使い分けることが大切です。

肌が乾燥しやすくなるので、処理後は化粧水をつけて肌を整えます。このときに産毛を薄くする成分であるイソフラボンを含む化粧水を選ぶと効果的です。

クリニックに依頼する場合

肌 摩擦 乳輪と乳首

エステや美容クリニックでも胸の産毛の処理を行うことができます。美容クリニックはエステよりも高額になりやすいですが、医師免許を持っている人が施術するので、より高度な施術を受けられます。

女性の胸はデリケートなので、医療知識のある人に施術してもらう方が安心です。

他人に胸を見られることになるので、プライバシーが守られる環境にあるのか、スタッフは信頼できるのか、きちんと見極めた上で通院することをおすすめします。

カウンセリングは無料であることがほとんどなので、複数のクリニックでカウンセリングを受けて、自分に合うクリニックを見つるようにしましょう。

おわりに

今回は、胸の産毛の処理方法についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

やはり、胸の産毛が気になる方は多く、最近では全身脱毛の一環として胸の脱毛をおこなう方も増えているみたいです。

胸の産毛もきちんと処理して、理想のバストを手に入れましょう!