胸のお悩み

胸が垂れてしまう原因とその対策

胸 垂れる 原因

年齢とともに胸が垂れてきてしまう…」と悩む方は多いですが、胸は一定の年齢に差し掛かる頃に、垂れてしまう現象が起こりやすくなります。

胸が垂れる原因にはいろいろとあり、加齢による影響が大きく関係しています。

胸が完全に垂れてしまってからでは改善も難しくなるので、垂れる前から予防を行っていくようにしましょう。

胸が垂れる原因は1つだけではない

胸が垂れる原因には、身体的なものや加齢などの影響が挙げられます。

まず、胸を支えるクーパー靭帯の損傷女性ホルモンの減少が第一に考えられます。

クーパー靭帯について

胸の谷間

クーパー靭帯とは、乳腺や脂肪を支える役割を持つ組織で、このお陰できれいな胸の形が保たれているとも言えます。

けれども、クーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまうと、元の状態に戻らなくなってしまうために垂れるようになります。

クーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまう原因は、授乳や運動、寝るときの姿勢などです。

女性ホルモンも原因の1つ

ホルモンバランス 変化 乳首 黒ずみ

また、産後は急激に妊娠中に増えた女性ホルモンが減少していきます。

胸の張りは妊娠中の女性ホルモンの多さが関係しているので、それが減少することは垂れる原因になってしまうのです。

筋肉の衰えにも注意

離れ乳 対策 スポーツブラ

他にも、胸筋が発達していなければ垂れる現象がさらに目立ってしまう可能性があります。

筋肉の発達はしっかりとした土台を築いてくれるので、未発達な状態では危険です。

日頃からできる予防とは?

クーパー靭帯の損傷を予防するには、胸をしっかりと支えるブラジャーを身に着けておくことです。

運動で胸が激しく揺れてしまう状態は、クーパー靭帯が切れてしまう危険性があります。運動をするときは専用のスポーツブラを着用するとともに、揺れを防ぐために正しいサイズのブラジャーを身に着けるようにします。

最近は気軽に着れるブラトップが人気ですが、これは揺れを完全に防いでくれません。

垂れるのを予防するには、就寝中もブラジャーを身に着けておく必要があります。就寝中に使えるブラジャーは形を美しく整えるための機能があるため、効果も期待できます。

就寝中は体が横向きになることで形が崩れやすくなるため、それを防ぐ手段として使われています。

おわりに

生活習慣 乳首 黒ずみ

今回は、胸の垂れる原因とその対処法についてお話してきましたが、いかがでしたか?

女性ホルモンの減少を防ぐには、規則正しい生活を送るようにし、女性ホルモンをアップさせるサプリを使っていくのもいいでしょう。加えて胸筋などを鍛える運動を行っていけば、垂れる原因を解消できます。

こういった予防策は普段から行えるようなものばかりなので、無理をせずに続けていくようにしましょう。