治す方法

メラニン色素を撃退して、乳首の黒ずみをなくそう

メラニン色素をなくす2ステップ

乳首が黒くなる原因」では、乳首の黒ずみの根本的な原因は、肌を強くするために生成される「メラニン色素」だとお話しました。

それを知った私は、ピンクにするためには、
1.メラニン色素を生成しないようにして
2.すでにあるメラニン色素を排出していく

という、2つのステップが大事だと思ったので、マッサージとクリームでのケアを毎日続けようと決めました。今も続けていますよ!

それでは、2つのステップについて、具体的にお話ししていきます。

女性 イラスト素材 ガッツポーズ
メラニン色素を生成しないようにする

自作クリーム1 ヨーグルトから乳清を作る

自作クリーム2 叶姉妹の“ラブリーな”ケア

メラニンの元をブロック! 乳首用クリーム 

2.すでにあるメラニン色素を排出

リンパマッサージでメラニンを排出!

ツボ押しでリンパと女性ホルモンを活性化!

食べ物でもメラニンを抑制&排出!

やり方は、それぞれ別のページにまとめていますので、後で読んでみてください。

私は、最初は自分でクリームを作っていたのですが、ピンクになるという乳首用のクリームの存在を知ってからは、そちらに頼るようになりました。

叶姉妹がやっているっていう自作クリームもあったので、最初は意気込んで作っていたんですが、作るのがけっこう大変なんです(汗)

ヨーグルト はちみつ

あと、自作クリームの材料には食べ物とか使うので、意外とお金がかかるというのと「もったいない」という気持ちもあったので、途中からは乳首用のクリームを使っていました。

でもやっぱり、手術はしませんでした。一応は調べてみて、レーザー治療や皮膚の下(?)にピンクに着色する、など色々な手術があるみたいなんですが、やっぱり「手術」と聞いただけで怖くなってしまったので…

まずは、マッサージやクリームやクリームでがんばって、もしピンクにならなければ手術を試せばいいか…と考えてケアを始めました。

おわりに

私が最終的にたどり着いた1日のケアは、こんな感じです。

1.朝起きたらシャワーを浴びて、クリームを塗る。
2.夜お風呂でマッサージ
3.お風呂上がりにクリーム

この3つは必ずやるようにしていました。食事も本当は頑張ろうと思っていたのですが、いつも気にしているのは大変だったので、「なるべく肌にいいもの食べよう」と意識するくらいでした。

朝か昼には野菜しっかり取ろう」とか「たまには納豆も食べよう」とか、そんな程度ですが、それくらいユルい方が続けやすいかな〜とも思います。「毎日コレ食べなきゃだめ」なんて言われても3日で飽きる自信あります(笑)

ツボとジャムウ石鹸も良さそうだったので、最初はやっていたんですが続けられませんでした。

効果が現れるまでに時間がかかりそうだったのと、一回一回が手間がかかって面倒になってしまったので…

主婦 女性 GOOD

でも、長い目で見ればピンクにするのに効果のある方法だと思うので、マッサージとクリームをやってまだ余裕あるという方は、ぜひ取り入れていってくださいね。

特にジャムウ石鹸は、雑菌の繁殖を抑えて臭い対策や美肌効果もあるみたいです!

私も今後、時間作って実践しようと思います。一緒に頑張りましょう!