黒ずみの原因

乳首が黒いと損する理由

乳首が黒いというのは生まれつきの方もいますし、女性ホルモンが正常に働いている証拠でもあるので、本来は何も恥ずかしがることはありません

しかし、残念ながら多くの人が、乳首の黒い女性に対して偏見や先入観を持ってしまっているので、乳首が黒いというだけで損をしてしまうことがあるのです。

今回は「乳首が黒いと損する理由」についてお話ししていきますが、これから挙げる「損する理由」は、実際には乳首の色とは全く関係ないことを理解した上でお読みください。

あわせて読みたい
乳首の黒ずみ 5つの原因とは?
乳首の黒ずみ 5つの原因とは?乳首の黒ずみは、なかなか人に見せることはないですが、黒ずみでの悩みを抱えている方は意外と多くいらっしゃいます。 できることなら「ピ...

損する理由1.遊び人に思われる

乳首 黒ずみ 遊び人

以前は「乳首の黒い女性は経験人数が多い」と本気で考えられていたこともありますが、今では、体の仕組みに関する研究も進み乳首の色と経験人数は関係ないことは、ほとんどの人が分かっているとは思います。

しかしそれでも、知識としては知られていても、「なんとなく使い込んでいそう」というイメージを男性に与えてしまうのです。

損する理由2.不潔に思われる

嫌 不潔に思われる

「白いものは清潔でキレイ」「汚れはなんとなく黒色」と、なんとなくのイメージを持っていませんか?

乳首の色だけではなく、衣服や食べ物などに関して、大半の方がこのようなイメージを持っています。このような理由で、黒い乳首は「不潔・汚れている」という印象を与えてしまうのです。

ちなみに、黒いからといって汚れているわけではないのですが、乳首は実際に汚れが溜まりやすい場所ではあるので、きちんと洗うことは必要ですね。

損する理由3.不健康に思われる

不健康な印象

ピンク色の乳首だと“若く健康的な女性”を強く印象付けますが、反対に黒い乳首だと不健康な印象を与えてしまいます。

健康かどうか、というのも実際には乳首の色とは無関係なんですけどね…

やはり胸にハリがあって、乳首の色も明るいピンク色の方が健康的に見えるというのは、人間の心理みたいです…

おわりに

残念なことに、乳首が黒いというだけでこのようなマイナスの印象を与えてしまうことは事実です。

しかし、乳首が黒くなる原因はメラニン色素が乳首に集まっていることですので、毎日のケアによってメラニンを生成されないようにして、乳首の黒ずみを薄くしていく方法もあります。

このサイトでは、いろいろな方法をご紹介しているので、なかなかピンク色にならないとお悩みの方や、早く元の色に戻したいという方は、ぜひ他のページも読んでみてください。

あわせて読みたい
ホスピピュア 黒ずみクリーム
黒ずみ乳首をピンク色にする方法乳首の黒ずみの悩みは、なかなか人に相談しにくいですよね。 しかし実は、同じように悩んでいる方は、意外と多くいらっしゃいます。 ...