胸のお悩み

乳首の黒ずみをリップグロスで隠す方法

リップグロス 乳首 ピンク

乳首が黒ずんでいる、そんなコンプレックスを抱えている人も多いかもしれません。

なかなか人には相談できないことですから、何とかして自分で対処したいものですよね。

そこで今回はリップグロスを使って黒ずみを解消できる対処法についてご紹介します。

そもそも日本人の乳首はピンクじゃない?

乳首 摩擦 原因

まず知っておくべきこととして、そもそも日本人でピンク色の乳首をしている人というのはとても少ないのです。

というのは乳首の色にはメラニン色素が関係しており、このメラニン色素が多いほど唇や乳首の色は黒や茶色に近くなっていきます。

人種の中では白人が一番メラニン色素が少ないので、乳首もピンク色の人が多いと言われていますが、日本人は白人と比べるとメラニン色素が多いので、黒や茶色の人が多くなります。

乳首の色には女性ホルモンも関係

ホルモンバランス 変化 乳首 黒ずみ

また女性ホルモンも関係していると言われています。女性ホルモンが活発になればなるほどメラニン色素が増加するためです。

そのため妊娠中の女性は乳首が黒ずみますし、妊娠中でなくても20代や30代の女性は乳首や唇、デリケートゾーンが黒くなると言われています。

そのためもしどうしてもピンク色の乳首になりたい、という人は後天的な方法で色を変えるか、隠す必要があるのです。

手軽にできるのはリップグロスを塗ること!

リップグロスで黒ずみ対策

黒ずみを隠す方法には様々なものがありますが、最も手軽で安価に出来るのがリップグロスを塗るという方法です。

乳首の色に合ったリップグロスを塗り込み、10分ほどたったら軽く拭き取ります。そうすることで一時的にですが黒ずみを隠すことができるでしょう。

リップグロスは口に含んでも問題ない成分で作られていますし、水や石鹸ではなくオイル系のクレンジングで落ちるものが多いので、温泉や海などでも落ちてしまう心配はないと言われています。

ただし、効果は一時的です

ただし気をつけるべきポイントとして、リップグロスの効果はあくまでも一時的であることと、根本的な色の改善にはならないということです。

根本的な色の改善をしたい場合には、美容クリニックや美容皮膚科で行われるレーザー治療を行うか、あるいは美白効果のあるクリームなどを塗る方がおすすめです。

おわりに

今回は、乳首の黒ずみをリップグロスで隠す方法についてお話してきましたが、いかがでしたか?

最後にもお話ししましたが、根本的な色の改善をしたい場合には、別のケア方法が必要です。

このサイトでは、乳首の黒ずみの原因とケア方法についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

あわせて読みたい
ホスピピュア 黒ずみクリーム
黒ずみ乳首をピンク色にする方法乳首の黒ずみの悩みは、なかなか人に相談しにくいですよね。 しかし実は、同じように悩んでいる方は、意外と多くいらっしゃいます。 ...