くすみ

クリームで乳輪のくすみを解消できる?

クリームでお手入れ

ネットの口コミなどで「クリームは効果がなかった」という声もありますが、乳輪のくすみはクリームで適切なスキンケアをすれば解消することができます。

この記事では、くすみの原因は何か、どのような成分が解消するのに有効なのかを紹介していきます。

ただし、肌の新陳代謝ともかかわっているので、効果を実感するには少なくとも3ヶ月はかかることには知っておいてください。

有効な成分は美白成分と保湿成分

バストケア 保湿ケア 乳首

乳輪のくすみはスキンケアで改善することができます。乳輪も皮膚の一部であることには変わりありません。

乳輪のくすみの原因はメラニン色素の沈着によるものです。このメラニン色素の生成を防止することができれば乳輪のくすみを解消することが可能です。

そのおすすめのスキンケア商品は美白成分が配合されたクリームです。

この成分が入っているかチェック!

チェック

トラネキサム酸、メマツイグサ、ヒメフロウエキスなどの美白成分はメラニン色素を排出する作用を持っていて乳輪を本来の色に戻してくれます。

また、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの保湿成分が配合されているクリームも効果的です。

この保湿作用によって肌のターンオーバーのサイクルが正常化するようになります。実は乳輪のくすみは加齢によってターンオーバーの周期が遅くなることも原因の1つなのです。

保湿成分入りのクリームを塗布することで、肌にツヤと潤いを生じさせながらくすみまで解消してくれます。

他の有効成分と継続性の重要性

ハイドロキノン 乳首のくすみや黒ずみに

乳輪のくすみを解消するのに効果的な成分を他にも紹介しておきます。

たとえば、ハイドロキノンがあります。これはメラニン色素を抑制するだけでなく既にできているメラニンを還元する作用も持っています。

また、カモミールから抽出したエキスであるカモミラエキスメラニンの生成を抑制することができます。

途中でやめてしまうのはもったいない!

ここがポイント

しかしながら、このような成分が配合されたクリームを使って乳輪のくすみを解消しようとしても、すぐには効果はあらわれません

最低でも3ヶ月程度は継続する必要があります。これはなぜかというと、肌のターンオーバーが起こる周期が関係しています。

少なくとも肌のターンオーバーが2回から3回は繰り返し起こらなければ、スキンケアの効果は実感できませんので、諦めずに続けてみてください!

おわりに

今回は、乳輪のくすみに効果的なクリームの成分についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

このサイトでは、乳輪の黒ずみの原因やケア方法について色々ご紹介しているので、ぜひ他のページも読んで参考にしていってくださいね。