陥没乳首

真性の陥没乳首 原因と治し方

真性の陥没乳首 原因と治し方

最近では、成人女性の多くに「陥没乳首」の症状がみられます。陥没乳首には「仮性」と「真性」の2つのケースがあります。

「仮性」の治し方はマッサージなどがありますが、「真性」の場合は多くが専門医による治療が必要とされています。

そこで、「真性」の陥没乳首の原因と治し方について詳しくみていきます

陥没乳首の見分け方

胸の左右差イメージ

乳首が陥没していることで、見た目が気になる方も多いのではないでしょうか?

しかし、陥没乳首は見た目だけの問題ではありません。かゆみやかぶれ、乳腺炎を引き起こす場合や、授乳しにくいなどのトラブルの原因になることもあるのです。陥没乳首には「仮性」と「真性」の2つのケースがあり、陥没した乳首に刺激を与えることで見分けることができます。

陥没していても刺激を与えると乳首が表に出てくる場合は「仮性」です。刺激を与えても陥没したままであれば「真性」が疑われます。刺激を与えれば乳首が出てくることから「仮性」の治し方は、マッサージや吸引器などのサポートグッズで対策が可能です。

「真性」の陥没乳首の原因

疑問 原因は何?

陥没乳首は先天的なもので、乳頭周辺の線維組織が未発達で起こる場合があります。母乳を作る乳腺と、母乳の通り道である乳管の発育のアンバランス、つまりバストの成長に乳管の成長が追いつかず、乳管が乳首を引き込んでいる状態です。

以前に比べると、食生活の影響などからバストの大きい女性が増えています。陥没乳首に悩む女性が増えたのは、そのためだと言われています。真性の陥没乳首は、そのままでは授乳ができません。また、陥没した部分から雑菌が繁殖しやすいため乳腺炎になるリスクが高まります。

そのため、真性の陥没乳首の治し方はセルフケアでは難しく、専門医を受診してみることをおすすめします。

「真性」の陥没乳首の治し方

肌 摩擦 乳輪と乳首

治し方としては、専門の医療機関では手術が一般的です。手術は、乳輪と乳首の一部を切開して、乳管を引っ張る方法が多いですが、その場合は乳管を切ってしまう危険もあり元に戻る場合もあります。

ただし専門医の中には、乳首の根元だけを切開し乳管や乳腺を傷つけずに手術を行うところもあります。

陥没乳首は病気というわけではないので手術は保険が適用されない場合がありますが、40歳未満であるなどの条件によっては適用されることもあります。専門医を受診する時は相談してみると良いでしょう。

おわりに

今回は、真性の陥没乳首の原因と治し方についてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

このサイトでは、仮性の場合の治し方についても別の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

あわせて読みたい
おすすめの仮性陥没乳首の治し方
おすすめの仮性陥没乳首の治し方女性の中には、乳首が内側に入り込んでしまっているいわゆる陥没乳首で悩んでいる人も少なくありません。 陥没乳首は通常の状態に比べて汚...