陥没乳首

陥没乳首の手術での治し方〜バストの悩みはクリニックで解決!〜

陥没乳首の手術での治し方〜バストの悩みはクリニックで解決!〜

バストに関わる悩みは大きさや形など様々ありますが、その中でも乳首が陥没していて悩む方も少なくありません。

引っ込んだ状態の陥没乳首は見た目があまり良くないだけでなく、デメリットも多いため悩んでいる女性は多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、陥没乳首とは何かどうすれば治療できるのかについでお話ししていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

陥没乳首とはどんなものなの?

陥没乳首の真性と仮性の違いは?

普通乳首は突起しているものですよね。しかし陥没乳首は引っ込んでいる状態であって、乳管が未発達のまま短い症状となっています。組織が癒着しているのが原因で起こりうる現象です。

上記の症状がある場合、授乳する時に赤ちゃんがおっぱいを飲めません。それだけでなく陥没乳首が原因で汚れが内部に溜まりやすくなるのです。

これにより炎症が発生してしまう恐れもあるので早期改善が理想と言えるでしょう。

陥没乳首は早めに治療しましょう

これからママになる方もこれだけ知っておけば安心!妊娠・出産に関するお役立ち情報まとめ

見た目的にもあまり良くないと感じる女性は多いので、温泉に行きにくいという方も多いです。陥没乳首の治し方は手術がオススメといえます。

専用の器具も販売されていますが、こちらは時間がかかってしまいがちです。

また陥没乳首といっても真性と仮性があります。仮性なら刺激を与えると飛び出しますが、真性なら刺激を与えても出ないのです。

後者は放っておくとデメリットが多いので直ぐにでも治しましょう。

具体的なクリニックでの治し方

美容外科 手術 カウンセリング

クリニックでは陥没乳首を治す時に手術を行います。真性陥没乳首だと乳管を温存する方法切ってしまう方法があります。

切ってしまうと陥没状態は改善できるのですが、乳汁がでなくなってしまうデメリットがあります。これから結婚する方であれば乳管を温存する手術が適しているでしょう。

軽度の症状なら乳頭部分に切れ目を少し入れて、陥没癖を取り除いてくれます。出た乳頭に三角弁を回して締め付けてから縫合するのです。

重度の場合は、乳頭に糸を通して引き上げてから、乳頭を切開して陥没状態を改善していく治し方になります。そして三角弁を使い縫合すれば完成です。

上記の治し方だと定期的に再陥没の予防を行う必要がありますが、乳管を取り除くよりも理想的といえます。

おわりに

今回は、陥没乳首の手術による治し方についてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

手術は効果が高い反面、リスクもありますので、医師と相談の上よく考えて決めるようにしてくださいね。