陥没乳首

気になる陥没乳首!何科に行けばいいの?

陥没乳首 原因 何科

なかなか相談しづらい悩みなので…

陥没乳首を気にしている方は多いですよね。ただなかなか人に相談できない悩みなので、病院へ行く勇気がない方も多いのではないでしょうか。

間違った診療科目の病院へ行かないためにも、陥没乳首の治療ができる場所をここでは紹介します!

女性 イラスト素材 ガッツポーズ

何科に行けばいいの?

陥没乳首の際に診療をしてもらえる場所は何科かというと、産婦人科もしくは美容形成外科です。

産婦人科は陥没乳首に限らず、女性のプライベートな身体の悩みは何でも相談できるので、女性の身体のプライベートゾーンの悩みで何科へ行けば良いのかわからなければ産婦人科もしくは婦人科へ行けば治療をしてもらうことができます。

産婦人科で治療が困難な場合、治療ができる病院を紹介してもらうことができるので問題ありません。

産婦人科での治療が困難な場合紹介されることが多いのは何科かというと、美容形成外科です。

美容形成外科を紹介されるのは、手術が必要になるなど症状があまり良くない場合で、基本的には産婦人科で解決できることが大半です。

猫

病院へ行かなくても治せるの?

陥没乳首に関しては、それほど重症ではない場合、病院へ行かなくても自力で治すことが可能です。

この方法は毎日乳首牽引器を使って乳首を少しずつ引き出す方法で、薬も飲みませんし、手術をするわけでもないので身体への負担が全くなく、病院へ通う必要がないので、治療にかかるお金も牽引器本体を購入する費用だけとなっています。

これを毎日使うことで陥没した状態からきれいな凸型の乳首を目指すことができることから、この牽引器を使っている人はたくさんいます。

すみれ

陥没乳首のリスクって?

陥没乳首は見た目が気になったり、授乳しづらいなどといったデメリットがあり、それがきっかけで治療をする人が多いですが、放置している人も多数います。

しかし、陥没乳首を放置すると身体に悪影響を及ぼしてしまうので、できるだけ早い段階で治療を行う必要があります。

陥没乳首の状態だと、乳首周辺に垢が溜まりやすくなってしまいます。それによって乳腺炎を起こしてしまうことが多く、しっかり乳首を清潔に保って健康を維持するためにも陥没乳首は早めに治療しましょう。

睡眠

おわりに

今回は、陥没乳首を何科で診療してもらえ良いかについてお話ししてきましたが、いかがしたでしょうか?

また、陥没乳首の治療には、実は保険が適用されるのをご存知でしょうか。

陥没乳首の場合、赤ちゃんができた際に授乳障害となることがあるため、治療行為として国が保険の適用を認めてくれているのです。普段通っている病院などのように、金額を抑えた3割負担でうけることができます。

ですので、病院に行くことを怖がらずに、きちんと医師に相談してみてくださいね。