陥没乳首

陥没乳首のデメリットとは?

陥没乳首のデメリットとは?

乳頭下の乳管が上手く発達していないため発生してしまうのが陥没乳首です。

これは主に女性に多い症状であって、片方だけ陥没している人と両方陥没している人がいるのです。

今回は原因と治療方法について紹介していこうと思います。

陥没する原因とデメリット

人間の成長過程や体質が大きく影響して陥没乳首は発生します。

また一口に陥没乳首と言っても複数の症状があるのです。仮性のものだと乳首自体に刺激を与えることで飛び出てくるので特に問題はないと言っていいでしょう。真性の陥没よりもケアをしやすいのが特徴です。

刺激を与えても乳首が出てこないものが真性の陥没乳首であって、専門家や医療機関に依頼をして修正してもらうのが理想的といえます。

陥没している状態だと汚れが溜まりやすくなってしまうので清潔感に影響するのがデメリットです。他にも授乳するときにもデメリットがあります。赤ちゃんがおっぱいを吸いにくくなるので、母乳をあげることができません。

汚れが溜まってしまうと乳腺炎になりやすく、デメリットとして細菌も繁殖しやすい環境を作ってしまいます。特に授乳をする時に赤ちゃんの健康状態にも影響するので早期改善が望ましいといえるでしょう。

クリニックでの治療方法

美容外科 手術 カウンセリング

専門機関に依頼してしっかり治療を行いたいのであれば美容外科を利用してみるといいでしょう。

医師とカウンセリングをする際に症状の度合いを見てくれます。複数ある治療方法から最も患者に適した治療法を紹介してくれるのです。

具体的な陥没乳首の治療方法はというと糸を乳首に通して突き出させます。乳管に傷が入らないように切開を行い陥没している状態を取り除くのです。症状によっては新皮弁を作り縫合施術も行うのです。

乳首は出てきますが、このままだと元の状態に戻ってしまう可能性が高いため定着させるためにドーナツ状の器具を使用して固定します。

仮にもとに戻ってしまっても陥没乳首修正の再施術に対応してくれるクリニックは多いです。安心して利用できるので早期改善をしましょう。

おわりに

今回は、陥没乳首のデメリットと治療方法についてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

真性の陥没乳首の場合は、クリニックでの治療をおすすめしますが、仮性の場合はセルフケアでも矯正できる可能性があるので、まずはセルフケアから始めてみるのも良いと思います。

緩募乳首を治して、理想のバストを手に入れましょう!