治す方法

ハイドロキノンで乳首はピンクになる?副作用もあるの?

ネットの知恵袋などで、「ハイドロキノンで乳首の黒ずみがなくなって、ピンクになりますよ」という回答を見かけましたが、本当に効果があるのでしょうか?

ハイドロキノンは刺激が強く効果が出やすいと言われていますが、副作用もあるらしいので、大丈夫かどうか調べてみることにしました。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノン 乳首のくすみや黒ずみに

ハイドロキノンはシミやソバカスなどを消す美白成分として、皮膚科などで処方される薬品で、漂白剤に近い効果があります。

ハイドロキノンが配合されたクリームが市販でありますが、「医師が慎重に扱わなければいけない薬品」として、厚生労働省で定められています。

効果はありそうですけど、副作用がちょっと怖いですね。

乳首には刺激が強いかも…

宝毛 幸運 乳首

乳首に塗ると、ほとんどの方にヒリヒリしたり、肌荒れしたりという副作用があるみたいです。

効果が強く、ハイドロキノンで乳首をピンクにしたという方もいるみたいですが、必ずパッチテストを事前にするようにしてください。

パッチテストのやり方

  1. バンソコーにクリームを塗る
  2. 腕などの目立たない所に貼る
  3. 1日後、肌荒れ等がないか確認

このパッチテストで異常があったら、デリケートな乳首ではほぼ確実に肌荒れしてしまいますので、他の方法を考えた方が良いと思います。

ハイドロキノンの注意点

乳首 毛の処理 注意

「早く効果が出るように…」と、一度にたくさん塗る方がいますが、これも副作用の心配があるのでやめた方がいいと思います。

指で適当に塗るのではなく、綿棒で薄く丁寧に伸ばしていくようにしましょう。

また、ハイドロキノンを使って乳首がピンクになったら、すぐに使用をやめてください。どうしても長期間使いたい場合は、一度病院等で相談した方が良いと思います。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンの副作用をまとめておきますので、以下の症状が強く出たら、すぐに使用をやめるようにしてください。

  • ヒリヒリする
  • 使用部が赤くなる
  • かゆみを感じる
  • 白くまだらになる

美白クリームも様々な種類がありますが、濃度が高いと副作用が出やすくなってしまいます。

ハイドロキノンの濃度が4%以下のクリームであれば、副作用が起こりにくいと言われているので、市販のクリームを選ぶときは、あまり濃度が高いものを選ばないようにしましょう。

乳首用の美白クリームがおすすめ

ハイドロキノンの効果と副作用についてまとめましたが、個人的には乳首用の美白クリームの方がおすすめです。

ハイドロキノンを含まず、漂白成分ではなく、メラノサイトの働きを抑える効果のある成分で、乳首のようなデリケートな部分にも安心して使うことができます。

あわせて読みたい
ホスピピュア 黒ずみクリーム
黒ずみ乳首をピンク色にする方法乳首の黒ずみの悩みは、なかなか人に相談しにくいですよね。 しかし実は、同じように悩んでいる方は、意外と多くいらっしゃいます。 ...