治す方法

乳首の色を薄くするには?

肌の色に個人差があるように、乳首の色にも個人差がありますが、日本人の女性は特に乳首の黒ずみにお悩みの方は多いと思います。

それは、日本人の肌質から、黒っぽかったり薄茶色の乳首になりやすいからです。(白人はピンク色の方が多いみたいです。)

そんな私たち日本人ですが、「できるだけ黒ずみを薄くしたい」「理想のピンク色の乳首になりたい」と憧れますよね。

そこで今回は、乳首の色を薄くする方法についてお話ししていこうと思います。

乳首はメラニン色素が生成されやすい部位

メラニン色素 乳首 黒ずみ

もともと乳首は、「生理的色素沈着部位」と呼ばれ、体調の変化や、外部からの刺激によって、メラニン色素が生成されて黒くなりやすい場所です。

なぜなら乳首はデリケートで身体の中でも大事な部位なので、外からの刺激から守るために、メラニン色素を生成しようとするのです。

さらに、乳首はターンオーバーの周期も他の部位に比べて長いため、黒ずみの原因であるメラニン色素が溜まりやすいのです。

黒ずみの原因は様々

バストトップ 黒ずみ 悩み 原因

顔や手足など、乳首以外の部位は、黒くなる原因は日焼けくらいなのですが、乳首はデリケートな部位であるため、様々な原因があります。

下着のサイズが合っていないと摩擦を受けることになり、その刺激から乳首を守ろうとメラニン色素を生成します。

また、妊娠や出産により乳首が黒くなる方も多く、これは妊娠すると子供の成長を助けるプゲステロンが分泌されるためです。

このプロステロンによってメラニンが活性化して、黒くなりますが、授乳期間が終わる頃には元の色に戻っていきます。

ただ、年齢とともに新陳代謝が遅くなるため、メラニン色素がなかなか排出されず、出産後しばらくしても乳首の色が戻らないケースもあるみたいです・・・

乳首の黒ずみを薄くする代表的な方法

乳首 宝毛 幸運

乳首の色が黒くなりやすいのは、メラニン色素が原因だとお伝えしましたが、乳首の色を薄くするには、主に下記の4つの方法があります。

はちみつ&ヨーグルト

はちみつ 肌のターンオーバー ビタミンとミネラル

はちみつには、肌のターンオーバーを促進し、メラニン色素の排出に役立つビタミンミネラルが多く含まれていて、自然のものですので安全性も高いです。

ヨーグルトには、乳酸フルーツ酸が含まれ、美白効果や肌荒れ防止の効果があります。

叶姉妹の恭子さんも、このはちみつ&ヨーグルトでメンズたちとラブリーな方法でケアしてるとか…

あわせて読みたい
ラブリーなイメージ
叶姉妹の「ラブリーな」バストケア!今回は、あの叶姉妹が行っているバストトップケアを紹介していこうと思います。 今では、乳首の色の手術や、専用の美白クリームなんかも出...

乳首用の美白クリーム

ホスピピュア 乳首の黒ずみクリーム

最近では乳首用の美白クリームも登場しました!

メラニン色素の生成を抑制する成分が含まれていて、乳首用で刺激も少ないので、こちらもはちみつ&ヨーグルト同様安心してお使いいただけます。

朝起きてからと、夜の入浴後の1日2回塗るようにします。特に、夜間は肌を作り変える時間ですので、早く薄くするためにも忘れずに塗りましょう。

あわせて読みたい
乳首用美白クリーム!1番効くのはやっぱり湘南美容外科?乳首の色が気になるけど、人には相談しにくいし皮膚科に行くのはちょっと抵抗がある…という方に人気なのが、乳首用の美白クリームです。 ...

ハイドロキノン・トレチノイン治療

ハイドロキノン 乳首のくすみや黒ずみに

こちらの薬品は、名前だけは聞いたことがあるかもしれませんが、ターンオーバーとメラニンの抑制を促す塗り薬で、その分お肌への刺激が強くなります。

使用者は、肌荒れする方も多いみたいです。

医師が慎重に扱わなければいけない薬品」として、厚生労働省で定められているため、海外などから取り寄せることもできますが、きちんと皮膚科や美容クリニックで処方してもらった方が良いと思います。

レーザー治療

乳首の大きさ 手術で治る

レーザー治療は、メラニン色素をレーザーで破壊する治療方法です。

私は怖がりなので試したことがないですが、最近のレーザー治療は痛みも少なく安全という話です。

※施術費用が保険適用外です。
※授乳中や妊娠中の方は利用を避けてください。

おわりに

今回は、乳首の色を薄くする方法についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

乳首は、他の部位よりもターンオーバーの周期が長く、黒ずみを薄くするには毎日のケアと合わせて、日常生活の習慣にも気をつけてみてください。

ターンオーバーの期間は20〜40代の方でも1〜2カ月かかるので、最低でも1か月間は続けてみてくださいね。