毛の処理

乳首の毛の正しい処理方法

デリケートな部分の適切な処理方法とは?

女性 疑問

乳首の周りはとてもデリケートな部分なので、乳首に生えた毛を処理したいと思っても、そのように処理すればいいか迷ってしまいますよね。

それに、間違った方法での毛の処理では肌を傷めてしまい、乳首の黒ずみの原因にもなります。

そこで今回は、乳首の毛の適切な処理方法を紹介していきます。

比較的安全なのはカミソリ


乳首の毛の処理方法として一番安心なのは、エステなどでプロに処理してもらうことですが、エステは定期的に通う必要がありお金もかかるので、なかなか手が出せない方も多いでしょう。

また、「毛抜き」はキレイに仕上がりますが、無理に抜くと毛穴から雑菌が入り炎症を起こす場合があり、脱毛クリームなども化学薬品が含まれるので、デリケートな乳首の脱毛には適していません。

このように、乳首周りには一般的な処理方法は向いていないのですが、一般的な処理方法のなかでも比較的安全なのが「カミソリ」です。

カミソリでの正しい処理方法

雑菌が入りやすい「毛抜き」や、強い化学薬品の含まれる「除毛クリーム」などに比べると比較的安全と言えるカミソリですが、カミソリでの処理も、正しい方法で行なわないと肌を傷つける恐れがあります。

ここでは、カミソリの正しい使用方法を紹介します。

カミソリを使用する前に

カミソリは女性用のものを選んでください。「カミソリなんてどれも同じでしょ」と安易に考えてしまいがちですが、女性用の方が比較的肌に優しいので、特に乳首周りようなデリケートな部分に使用する場合は女性用を使ってください。

また、カミソリを使う時にはシェービングクリームを必ず塗ってください。たまに、石鹸やボディーソープで代用する方がいますが、この方法もあまりおすすめできません。

カミソリ使用後のケア

カミソリでの毛の処理後は肌が乾燥しがちなので、クリームを塗るなどきちんと肌のケアをしましょう。クリームを塗るのと塗らないのでは、カミソリの使用後の肌の潤いが全く違ってきます。

カミソリの保管方法

お風呂場のように温かく湿った場所にカミソリを置いておくと、雑菌が繁殖しやすくなるので、カミソリを洗った後は良く乾燥させてから、湿気の少ない場所に保管するようにしましょう。

また、カミソリの刃が古いと、雑菌などが繁殖しやすくなったり、余計な力が入って肌を傷めやすくなるので「ちょっと切れ味が悪くなってきたかな」と思ったら、すぐに交換しましょう。