痒み

乳首がかゆいのはブラのせい?

特に何も変わったことはしていないはずなのに、なんだか乳首がムズムズ痒い…そんな経験ありませんか?

女性の乳首はとてもデリケートな部分なので、ちょっとしたことでも荒れたりキズついたりして痒くなってしまいます。

ここではその痒みの原因について詳しくお話ししていきたいと思います。

乳首のかゆみはブラジャーが原因?

原因

締め付けがないほうが楽だからと大きめのブラをつけていると、肌とブラの布地が擦れてキズになり、乳首の皮がむけるなどしてかゆみの原因になります。

また、運動をして汗をかいたせいで、ブラの中が蒸れて肌荒れがおきてしまうこともあります。

なかなか難しいかもしれませんが、汗をかいた時は新しいブラに付け替えるか、タオルで汗を拭き取るかするといいでしょう。

そして人によっては素材が肌に合わずにかゆくなる、という人もいます。そういったアレルギーのある人は、肌に優しい綿のブラをつけると改善します。

他にもある、痒みの原因

やめる

乳首がかゆいのはブラのせいだけではありません。生理や妊娠などでホルモンバランスが乱れてかゆくなる場合もあります。

他にもボディーソープが肌に合っていなかったり、胸や服を不衛生にしていたために荒れてしまったり、逆に几帳面にお風呂で洗いすぎて乾燥してしまったり、なんてことが原因になったりするんです。

そして一番怖いのは乾燥です。エアコンなどに当たり続ける事で、肌の水分が奪われて少しの刺激でもキズになり、かゆいと感じるようになってしまいます。

かゆくならないための対策

対策

まず肌が乾燥してしまわないようにエアコンの当たりすぎには注意し、顔と同じように乳首も清潔に保つよう心がけ、保湿も十分にすることが大切です。

乳首専用のクリームなんかも薬局に売っていますので、それを買うのもいいでしょう。また、熱いお風呂に長く浸かるのもお肌の乾燥に繋がるので気を付けてください。

そしてブラのサイズや素材が合わないと感じていたら、すぐに新しいものと取り替えましょう。

おわりに

今回は、乳首のかゆみの原因と対処法についてお話してきましたが、いかがでしたか?

胸の大きさは、実は日々変わっているので、定期的にサイズを測った方がいいと思います。

乳首がかゆいのは本当に辛いことですので、もったいないからとブラを買い替えずに我慢する、なんてことはしないようにしましょう。