痒み

人には聞けない乳首の肌荒れ!その対処法とは?

人には聞けない乳首の肌荒れ!その対処法とは?

乳首にトラブルを感じている人も案外多いものです。

とてもデリケートな部分なので何かと肌荒れを起こしやすいですが、かゆみが生じてもむやみに掻きむしるのはNGです。

ますますかゆくなって皮膚が剥がれたり、黒ずみの原因となってしまいます。

乳首の肌トラブルが起きる理由

ホルモンバランス 変化 乳首 黒ずみ

生理前になると乳首に違和感を感じる人も多いものです。

これは女性ホルモンが関係していて、胸の張りと同時に乳首のかゆみや痛みなどが生じるケースは珍しくありません。

原因が女性ホルモンならば、ある程度は仕方がないとも思いますよね。

敏感肌の人は要注意!

黒ずみクリームでお手入れ

しかし女性の周期だけがトラブルに関係しているのではありません。下着の摩擦によって刺激が加わり、肌荒れを起こすことも考えられます。

特に敏感肌の人は、下着の素材が合わないとアレルギー反応を起こしてしまうことも。女性らしい繊細なレースがチクチクと当たり、刺激になっていることもあるものです。また汗がたまってムレると、肌荒れが生じやすくなります。

乳首はとてもデリケートなのですが、何となく忘れがちで日頃のケアを怠っている人が多いのではないでしょうか。適切な治し方さえ知っていれば、肌荒れを事前に回避する事が可能です。

肌荒れを防ぐ方法

ホスピピュア 乳首の黒ずみクリーム

肌荒れの治し方はとてもシンプル。清潔にして、保湿を心がけることに限ります。毎日お風呂上りには、保湿クリームを塗る習慣をつけましょう。

特に乾燥を感じる時だけではなく、毎日のケアが必要です。保湿クリームなら何でも良いと思うかもしれませんが、できればバストや乳首専用のクリームを使って下さい。

低刺激なので敏感肌でも安心だし、中には乳首の黒ずみを解消してくれる美白成分配合の商品もあります。

今まで悩んでいたトラブルが、これだけ簡単な治し方で解決すれば嬉しいですよね。

夏の汗や下着のサイズにも注意!

夏場は汗をかいたら、清潔に拭き取ることも忘れずに行いましょう。

通気性の良い素材の下着を選ぶようにして、ブラのサイズ選びも慎重に。ブラと胸の間に大きな隙間があると、乳首が擦れてトラブルを招く原因となります。

おわりに

これからママになる方もこれだけ知っておけば安心!妊娠・出産に関するお役立ち情報まとめ

今回は、乳首の肌荒れの原因治し方についてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

日頃から保湿を心がければ、ひどい炎症などを引き起こすことは少ないでしょう。それでも我慢ができないほどの症状が出て悪化したら、病気が隠れていることもあるので、一度専門医へ相談すると安心かと思います。

乳首の肌荒れを治して、理想のバストを手に入れましょう!