治す方法

乳首を小さくできる!美容外科の乳頭手術

乳首を小さくできる!美容外科の乳頭手術

物理的に大きな乳首を小さくするには切開を行わなければなりません。

これは美容外科で対応してくれるものなので、具体的な手術を知っておくといいでしょう。

また今回は、多くの方に人気があるクリニックのサービスもご紹介していきます。

乳頭を小さくする施術がある

美容外科 イメージ

他人よりも乳首が大きいコンプレックスをもっている方は美容外科に行ってみるといいでしょう。

美容外科では乳頭を小さくしてくれる手術をしているので、大きな乳首もプロのテクニックで小さい状態にアレンジしてくれます。

また乳頭部分が長い場合は根本の皮膚分を切り、縫い付ける施術を施し改善可能です。

女性により乳首の長さが違いますが、どんな長さでも適切な処理を行い改善してくれるサービスをしています。ただ乳首を小さく出来るだけでなく乳首の形状を整えることも可能です。

これにより美しいバストを形成できます。女性だけでなく男性にも対応するので一度相談をしてみるといいでしょう。

美容クリニックでの手術を知る

有名なある美容外科で行っている乳首の手術は男性と女性で違うため知っておきましょう。

女性の場合は局所麻酔注射をしてから、乳頭の上部分だけ残してきのこ状に切り取ります。非常に細いナイロンの糸を使い縫合を行い、約10日後に糸を抜くと完了です。

傷跡も目立たないの手術が他人にバレません。基本的に乳管と出口が温存される手術となっているので赤ちゃんに授乳可能です。

肌 摩擦 乳輪と乳首

男性向けの乳首を小さくする手術の場合は麻酔クリームと注射を行い乳頭の上部にある皮膚と皮下組織を切開します。

最後にナイロン糸で縫合を行い傷口がわからない工夫を施して終わりです。女性でも男性向けの手術は可能ですが、行った場合上部の乳管と先端部の皮膚を切り取るため授乳ができません。

このようなクリニックでは、要望があれば好きなサイズに調整を行ってくれるのが特徴です。クリニックで最も多い要望は平均的な女性の乳首のサイズにしてもらうことです。ただ要望が多いだけなので最終的には自分の判断でデザインをしましょう。

おわりに

乳首 黒ずみ 再発 予防

今回は、乳首を小さくする手術についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

乳首の手術は、授乳ができるタイプと授乳できなくなるタイプがありますので、リスクや金銭的なことを医師に相談して、自分にあった手術を選ぶようにしてくださいね。