胸のお悩み

乳首がブラとすれてしまう…

サロン・エステイメージ

私たちは日々生活する上で、洋服の下には下着(インナーウェア)を着ています。

女性であれば、ブラで胸の形を整え綺麗に保つために保護しているようなものです。そのブラで肝心の胸が不快な状態になっていませんか?

そこで今回は、ブラ選びに役立つ情報をお話ししていこうと思います。正しい知識を身につけて、快適に生活しましょう。

あなたのブラ、サイズは合ってる?

困った顔 疑問

最近はインターネット通販を使って下着を買う人が多いと思います。

いくら店員さんとはいえ他人に胸のサイズを測ってもらうなんて恥ずかしいし、胸の大きい小さいという本人にしか分からないコンプレックスも少なからずあるでしょう。

しかし、自分で計測してしまっては正確なサイズは測れません。ほとんどの女性は小さくて入らないよりはマシだと、大きなサイズのブラをつけがちです。

自分の胸のサイズに合っていないブラをつけることで乳首がすれると、それが繰り返されるうちに痒みが発生してしまいます。

不快な症状、放っておかないで

嫌 不潔に思われる

大きなサイズのブラの中では胸がきちんと正しい位置で固定されず動いてしまうので、乳首がすれる痒みの発生で不快な症状が気になります。

乳首がすれることによって、先端の皮が剥けてしまうこともあるので注意しましょう。

敏感肌の人などはぴったりサイズのブラをつけても肌に刺激を感じることがあるかもしれません。

そんな時は布が直接触れないようにブラの間にガーゼを挟んだり、ハンドケアやボディケアと同じように乳首の保湿もしてあげてください。

クリームなどを塗る時はもちろん優しく、胸はデリケートな部分です。

正しくブラをつけて胸から快適な毎日を

胸 左右 大きさ 違う 心臓

胸を保護しているはずのブラで乳首がすれることが、生活する上で負担になっていては元も子もありません。

ブラは胸を守るものだという意識と意味を理解して、痒みなど不快な症状が起きないようケアを心がけてください。

また、胸の大きさは案外変わりやすいものですので、定期的にサイズを確認する機会を作るのもいいですね。

これで綺麗な美乳が手に入り、なおかつ毎日を快適に過ごせるのなら日々の生活の質の向上にも繋がります。すべては自分のためになると思って、頑張ってみてくださいね。