黒ずみの原因

バストトップの黒ずみの原因とは?

バストトップ 黒ずみ 悩み 原因

バストトップの色は若い頃は薄かったのとしても、年齢を重ねるにしたがって黒くなっていく傾向があります。

バストトップが黒ずむ原因はさまざまですので、ここではバストトップが黒ずむ主な原因をいくつか紹介していきます。

後半では、セルフケアの方法についてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

黒ずみの原因1.加齢によるもの

バストトップ 黒ずみ 原因

バストトップの黒ずみにはいくつか原因がありますが、その1つは加齢によるものです。

年齢を重ねると肌のターンオーバーの周期が遅くなってきます。遅くなるとどうしても古い角質層がいつまでも新しい角質層と替わることがなく残ってしまいます。

このときに一緒にメラニン色素も残ってしまいますが、このメラニン色素の色素沈着によって乳首の黒ずみが生じてしまうのです。

年齢ごとのターンオーバーの周期

  • 10代:20日
  • 20代:28日
  • 30代:40日
  • 40代:55日
  • 50代:75日
  • 60代:100日

メラニン色素は肌を守るために生じるのですが、バストトップは柔らかいためほかの部位よりも余計に色素沈着しやすいです。

若いころはピンク色だったのに黒ずむようになるのは、加齢でこのメラニン色素が残る量が増えるからです。

ちなみに、高齢になるとメラニン色素の生成があまり行われなくなるため、乳首の色は黒色からピンク色に変わりやすいです。

黒ずみの原因2.ホルモンバランスの変化

左胸 大きい 理由

バストトップの黒ずみの原因は他にもあります。それはホルモンバランスの変化です。

女性ホルモンには主に2つあり、それぞれエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれていますが、いずれのホルモンもメラニン色素の色素細胞を刺激する働きがあります。

女性は妊娠と出産のときにホルモンバランスが大きく変化してエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が急激に増加します。そうなるとメラニン色素も増加して色素沈着が生じやすくなります。

一般的には妊娠してから1ヶ月程度経過したあたりから乳首と乳輪の色が黒ずんできます。

ホルモンバランス 変化 乳首 黒ずみ

また、授乳も黒ずみの原因の1つになります。

赤ちゃんが乳首の場所を見つけやすくなるように色素が沈着するといわれています。メラニン色素が沈着するのは肌を保護するためですが、赤ちゃんの授乳で刺激を受けるため黒ずむともいわれています。

他にも、アトピー性皮膚炎が繰り返し起こることでも黒ずむことがあります。治療するには美白成分が配合された乳液やクリームを使用してメラニン色素を薄くすることです。

あわせて読みたい
ホスピピュア 黒ずみクリーム
黒ずみ乳首をピンク色にする方法乳首の黒ずみの悩みは、なかなか人に相談しにくいですよね。 しかし実は、同じように悩んでいる方は、意外と多くいらっしゃいます。 ...

おわりに

今回は、バストトップの黒ずみの原因と対処法についてお話していきましたが、いかがでしたでしょうか?

いろいろな原因がありますが、それぞれ適切な対処法を続けていけば、良くなっていきますので、ぜひケアを続けていってくださいね。

バストトップもケアして、理想のバストを手に入れましょう!