くすみ

バストトップのくすみを治してピンクにしたい!

バストトップのくすみを治してピンクにしたい!

バストトップは普段は人に見えないところとはいえ、見えないところにもケアを怠らないことが女性の美しさをアップさせます。

また、大切な人にだけ見せる部位だからこそ、キレイにしておきたいと思うものです。

きちんとケアをすれば、バストトップのくすみをなくして、ピンクにすることができますので、ぜひケアを頑張ってみてください。

バストトップは、刺激で黒ずむ

やめる

バストトップの色を気にする男性も多く、くすみのある色よりもピンクの方が好ましいというデータもあります。

もちろん、バストトップの色は生まれつきのものでもありますが、以前に比べて色が黒っぽくなったという人はメラニン色素が関係しています。

メラニン色素というと、シミのもととして有名ですが、バストトップにもメラニン色素が多く存在しています。

出産時・産後にあったら良いもの

というのは、乳首は赤ちゃんに母乳を与えるための大切な場所です。メラニン色素というのは外部の刺激から守る盾の役割もしているので、デリケートな場所にこそ多く存在しています。

刺激を与えるとそこを守ろうとしてメラニン色素が働き、黒くなってくすみが生まれるというわけです。

バストトップは下着や服などで覆われているため、日光が当たりにくく、紫外線による刺激はあまり考えなくても大丈夫ですが、一方で下着や服などがこすれやすく、摩擦による刺激が多くなっています。

ぴったりサイズのブラジャーに!

ブラ 乳首 黒いシミ

一度バストトップにくすみが生じても、古い皮膚は垢として剝がれてしまい、次々と新しい皮膚が生まれてきます。

その新しい皮膚は本来の色なので、くすみのないピンク色のバストトップに戻ることができます。

新しい皮膚となっても、以前と変わらず摩擦を与え続けていれば、同じようにくすんでいってしまいます。そのため、バストトップに摩擦を与えるような下着や服を着ないようにします。

ブラジャーがピッタリでないと摩擦の原因になります。適当にブラジャーを選ばずに、きちんとサイズを測って、試着をすることが大切です。

その他の注意点

また、皮膚を作り変えるために、ターンオーバーのサイクルを早めることもできます。バランスの良い食事と規則正しい生活をすることが大切です。

メラニン色素を作らせずピンク色を保つためには、ヨーグルトの上澄み液であるホエーを直接塗ることも効果的です。

コットンなどにしみ込ませて、パックするように3分程度のせます。ホエーを用意するのが面倒だという人は、バストトップ用の美容液を利用するのが便利です。

皮膚のターンオーバーは3か月程度かかるといわれているので、ケアをし始めてから数か月は変化が見られなくても根気よく続けるようにしましょう。