あそこ

あそこが黒い原因と治す方法

デリケートゾーンの黒ずみには…

さっぱり

乳首と同様に悩まれている方の多い「あそこ」の黒ずみについてもお話ししていきたいと思います。

あそこが黒いと「男性経験豊富なんでしょ?」と言われることがありますが、これも乳首が黒くなる原因と一緒で、メラニン色素の問題なので、経験人数は関係ないんですよね。。。

あそこの黒ずみの原因

まずは、あそこが黒くなってしまう原因についてお話ししていきます。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠や出産などをきっかけに、ホルモンバランスが乱れて、乳首やあそこが黒ずんでくることがあります。

妊娠や出産によるあそこの黒ずみは、出産後しばらくすると元に戻ると言われていますが、なかなか元に戻らない方もいらっしゃるみたいです。

妊娠時期は忙しくて、自分の体のケアにまで時間をかけられないと言う方も多いですが、産後落ち着いてから後悔しないように、早めにケアを始めた方が良いと思います。

すみれ
下着との摩擦

肌は外部からの刺激を受けると、皮膚を守ろうとしてメラニンを生成したり、角質層を厚くしたりします。

あそこは、下着が常に触れている部分ですし、タイトなジーンズなどを履いているときなどは、動くたびに擦れてしまいます。

あそこは乳首同様デリケートな部位ですので、ランニングをするときや自転車に乗るときなどは特に、あそこが摩擦を受けないように下着を柔らかい素材のものにしたり、摩擦がかからないような動き方をしたりと、注意するようにしてください。

かぶれ・炎症

あそこは、汗やオリモノなどで蒸れやすく、かぶれや炎症が起こりやすい部分です。

お肌に炎症が起こると、その部分で色素沈着が起こってしまい、結果黒ずんでしまうことが多いです。

また、かゆみに耐えられず掻いてしまうと、余計に黒ずみが悪化する原因となってしまいます。

睡眠

また、黒ずみを落とそうとして、お風呂であそこをゴシゴシ洗うのもダメですよ。摩擦で黒ずむ原因になってしまいます。

かぶれ対策としても、できるだけ通気性のよく、柔らかい素材の下着を身につけるようにしましょう。

脱毛による肌荒れ

アンダーヘアをカミソリや毛抜きで処理したり、脱毛サロンで刺激のある処理をすると、その刺激自体が黒ずみの原因になりまますし、傷ついた肌に雑菌が侵入してくることもあります。

お肌を傷つけないためにも、アンダーヘアを処理するときには、事前にホットタオルを被せるなどして、毛をふやかし毛穴を広げるようにしましょう。

そして、処理が終わった後にはお肌が乾燥しやすい状態ですので、きちんと保湿クリームなどでケアするようにしてくださいね。

顔のお肌と同様、乾燥はお肌の敵ですから!

乳首に効く「ホスピピュア」はあそこにも効くの?

乳首の美白クリーム「ホスピピュア」は、あそこの黒ずみにも効きます!

乳首もあそこも、黒ずみの原因はメラニン色素なので、メラニン色素の生成を抑える働きのある「ホスピピュア」が効くのは当然ですよね。

あそこの黒ずみが気になるという方は、ぜひ試してみたください。