アクセサリー

アクセサリーの黒ずみや汚れの原因は?お手入れ・予防方法もご紹介!

記念日など特別な日に身につけたり普段使いにして楽しんだりと、日常にちょっとした彩りを添えるアクセサリー。

しかし、毎日身に付けていると輝きを失い、いつの間にか黒っぽく沈んだ色になっていることがありますよね。また、大切に保管していたはずなのに、なぜか黒っぽい汚れが付いていることはないでしょうか。

そこで今回は、 アクセサリーが黒ずむ原因とは何なのか、黒ずみの落とし方や予防法についても紹介します。

今回紹介させていただく方法は、どなたでも今すぐチャレンジできる身近な人を使った方法ばかりですので、いつかそのうちクリーニングに出そうと検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

アクセサリーが黒ずむ原因は

アクセサリーの黒ずみは、主に外的刺激や傷が原因ですが、黒ずんだからといって腐食したわけではありません。磨けば元の輝きが戻りますが、黒ずみの原因はアクセサリーの素材によってことなります

それでは次に、それぞれの原因について詳しく説明しましょう。アクセサリーの汚れを落としたいときや、外した後からのお手入れの参考になさってください。

空気

アクセサリーは、空気中に含まれる硫化物の影響で黒ずんでしまいます。また、排気ガスに触れるとより黒ずみやすくなります。

特にシルバーのアクセサリーは色に反応しやすいため注意が必要です。

ゴールドやシルバーのメッキが施されているアクセサリーは、メッキが剥がれるとその部分が黒ずんで見えてしまいます。

クリーニングクロスなどで磨いても黒ずみが落ちない場合は、メッキが剥がれてしまっている可能性があります。

その場合は、ご自分で対処することができませんので、専門のお店に修理を依頼しましょう。

汗や皮脂

アクセサリーは、汗や皮脂に触れると酸化し黒ずむことがあります。また、人間の皮脂には少ないながらも硫化水素が含まれていますので、汗や皮脂がついたまま放置していると黒ずむ原因となってしまいます。

アクセサリーを外した後は、クリーナーやメガネ拭きなどアクセサリーを傷つける心配のない柔らかい布で拭いてから、保管場所にしまっておきましょう。

温泉やプール

プールには、消毒のために塩素が入っています。指をつけたままプールに入ると、塩素と看護をして黒く変色してしまいます。

また、硫黄泉が含まれている温泉にアクセサリーをつけたまま入ると黒く変色してしまいますので、必ずアクセサリーを外してから入るよう心がけましょう。

ヘアスプレーなどの化粧品

商品にもよりますが、ヘアスプレーの中には硫黄など、黒ずみの原因となる成分が含まれているものもあります。

すべての商品に含まれているわけではありませんが、ヘアスプレーを使用するときは事前にアクセサリーを外すか、成分表を確認の上購入しましょう。

アクセサリーのお手入れ方法

黒ずんでしまったからといって、保管したままになっているアクセサリーはないでしょうか。

アクセサリーの汚れを完全に防ぐことはできませんが、一度黒ずんでしまっても、内部まで変色しているわけではありませんので、磨けばすぐに元に戻ります。

万が一、お気に入りのアクセサリーが黒ずんでしまったときは、次の方法を試してみてください。

重曹とアルミニウム

汚れたシンクにアルミを入れておくと、磨き立てのようにピカピカになりますよね。

シルバーのアクセサリーについた黒ずみは、アルミホイルと重曹でキレイになります。

【用意するもの】

  • アルミホイル
  • 重曹小さじ1〜2杯
  • ある程度深さのある皿や耐熱ボウルなど
  • ティッシュペーパー、または柔らかいタオル

【手順】

  1. まず始めに用意した容器にアルミホイルをまきます。
  2. その中に40℃程度のお湯を入れ、重曹小さじ1〜2杯程溶かし入れましょう。
  3. 重曹を溶かし入れたお湯にアクセサリーを浸します。
  4. 中にアクセサリーを入れると泡だってきますので、そのまま5分〜10分程度浸け置きにしましょう。
  5. 黒ずみが取れたかを確認したら、水でしっかりと洗い流してください。
  6. 最後に柔らかいタオルなどで水気をきり、しっかりと乾燥させましょう。

アルミホイルと重曹だけで汚れがキレイに落とせるなんて不思議ですよね。

これは、アルミホイルに重曹を加えることで水酸化ナトリウムや炭酸ガスが発生し、黒ずみの元である酸化銀を水と銀に分解するためです。

この方法はヨーロッパでも昔から使われている方法になりますので、ぜひ一度試してみてください。

ただし、メッキが施されたものやパールなどの宝石がついたアクセサリーには重曹やアルミホイルを使えませんので注意しましょう。

中性洗剤

油汚れを落とす効果が高い中性洗剤は、指輪についた化粧品や皮脂など、油分を含む汚れを落とすにも役立ちますが、中性洗剤を使えば、黒ずみを落とすこともできます。

【用意するもの】

  • スポンジ
  • 中性洗剤1〜2滴
  • ティッシュペーパーやタオルなど

【手順】

  1. はじめにスポンジに洗剤をつけよくなじませます。
  2. スポンジの角を使うなどして優しく磨いていきましょう。指輪の刻印など、細かな部分は化粧品が柔らかい歯ブラシを使ってもかまいません。
  3. 汚れが落ちたのを確認したら、水で洗剤をよく洗い流してください。
  4. 最後に柔らかいタオルやティッシュペーパーなどで、しっかりと水気を拭き取って乾燥させてください。

歯磨き粉

歯磨き粉には研磨剤が含まれていますので、優しく磨けば黒ずみ部分を削りとることができます。

【用意するもの】

  • 歯磨き粉
  • 柔らかい布やガーゼなど

【手順】

  1. 始めに、柔らかい布やガーゼに歯磨きを少量付けます。
  2. 歯磨き粉を付けた布、またはガーゼでアクセサリーを優しく磨いていきましょう。
  3. 布やガーゼがない場所は、指で擦ってもかまいません。
  4. 表面を傷付けないよう注意しながら作業を行い、汚れがとれたらしっかりとすすぎ洗いをします。
  5. 最後にティッシュペーパー、または柔らかいタオルなどで水気を拭き取り、よく乾燥させましょう。

研磨剤を含む歯磨きをつけ過ぎてしまったり、力を込めて磨きすぎると、アクセサリーを傷付けてしまう可能性があります。

そのため、歯磨き粉を使うときは傷が付かないよう注意しながら、指を使って少しずつ磨いていきましょう。

また、メッキが施されているアクセサリーに歯磨き粉を使うと、メッキが剥がれ落ちてしまう可能性がありますので、メッキの加工のアクセサリーに歯磨き粉をしないよう超音波してください。

お酢

身近なもので黒ずみが落とせれば便利ですよね。いちど黒ずみがついてしまうと、拭き取っただけではなかなか落とすことができません。そこで、どのご家庭の台所にもある細を使って黒ずみを落としてみましょう。

【用意するもの】

  • お酢
  • コップなどの容器
  • 柔らかい布やガーゼなど
  • ティッシュペーパーや柔らかいタオルなど

【手順】

  1. はじめにお酢を2倍に薄めたものをコップなどの容器に入れます。
  2. その中に汚れがついたアクセサリーを入れましょう。
  3. そのまま30分程度浸け置きにします。
  4. 汚れがとれたら水を捨て、すすぎ洗いをしましょう。
  5. 最後にティッシュペーパーが柔らかいタオルで水気を拭き取って完了です。

ただし、パールやターコイズは酸性に弱いため、宝石が用いられているアクセサリーに使用することができませんので注意しましょう。

塩はたいていのご家庭に常備している調味料ですよね。黒ずみを落とすためにアイテムを買い足すのは面倒という方や、今すぐ何とかしたいという方は、塩を使ってみてはいかがでしょうか。塩を使った方法は、重曹を使う方法とほぼ同じです。

【用意するもの】

  • アルミホイル
  • ティッシュペーパー、または柔らかいタオルなど

【手順】

  1. 鍋にアルミホイルを敷きます。
  2. アクセサリー全体的がしっかりと浸かるくらいの深さに水を入れ、塩を溶かし入れます。水と塩の割合は、だいたい5:1を目安にしてください。
  3. アクセサリーを入れた鍋を火にかけます。
  4. 黒ずみが取れたから水で洗い、ティッシュペーパー、または柔らかいタオルなどでしっかりと水気を拭き取り、よく乾燥させましょう。

塩を使う方法は、シルバーのアクセサリーについた黒ずみに高く効果を発揮します。お酢を使った方法ではニオイが気になるという方は、塩を使った方法を試してみてください。

炭酸水

アクセサリーの黒ずみは、炭酸水に一晩浸けておくだけで簡単に落とせます。炭酸水に含まれる炭酸ガスの細かな気泡が、アクセサリーの細かな汚れを優しく洗い落としてくれます。

ただし、糖分など、炭酸以外ものが含まれたジュースは使うことはできませんので、糖分などの含まれていない純粋な炭酸水を用意してください。

アルコール

アルコールは、特に水溶性の汚れに強く、汗や皮脂、化粧品による黒ずみを落とす効果も高いアイテムです。

ただし、アルコールといっても私たちが普段お酒として飲んでいるアルコールのことではなく、消毒液として用いられているエタノールのことをいいます。

エタノールは、ドラッグストアやホームセンター、100円ショップなどでも購入可能です。

【用意するもの】

  • エタノール
  • 布、またはガーゼ
  • ティッシュ、または柔らかいタオルなど

【手順】

  1. まず初めにエタノールを2倍に薄めます。
  2. 布に薄めたエタノールを浸し、アクセサリーに付いた黒ずみをやさしく磨きます。
  3. 汚れが取れたら水ですすぎ洗いをし、ティッシュ、または柔らかいタオルでしっかりと水気を拭き取りましょう。

皮膚の弱い方や手が汚れるのが嫌だという方の場所は、薄めたエタノールとアクセサリーを入れたペットボトルを上下に振って落とす方法もあります。

ただし、メッキ加工のアクセサリーの場合は、黒ずみが悪化する可能性がありますので、事前に確認しましょう。

メッキかどうかわからない場合は、ほかの方法を試してみてください。

黒ずみを予防するには?保管場所にも注意

使っていないのに何故かアクセサリーが黒ずんでいたと言う事はないでしょうか。

アクセサリーは、未使用の新品でも保管の仕方によって黒ずむことがあります。

特に宝石がついたアクセサリーは、湿気にも乾燥にも弱いため、風通しが良く直射日光が当たらない場所に保管しておきましょう。

また、アクセサリーをしまったままにせず、時々外に出すなどして空気の入れ替えを行なってください。

ただし、紫外線もアクセサリーに悪影響を及ぼしますので、直射日光の当たらない場所を選びましょう。

まとめ

いかがでしたか。今回はアクセサリーの黒ずみや汚れの原因やお手入れボトル、黒ずみの予防方法について紹介しました。

お出かけするなど、いざ使おうというときになってアクセサリーが黒ずんでいると慌ててしまいますよね。

アクセサリーの輝きを保つためには、定期的にメンテナンスを行い、正しく保管する必要があります。

アクセサリーを身に付けている以上、完璧に俺を防ぐことができませんが、正しいメンテナンスの方法さえ知っていれば安心ですよね。

専用のクロスを使い、超音波洗浄機がない方はぜひ今回紹介したアイテムを使って、アクセサリーを美しく磨きあげてみましょう。

ただし、豪華なものや柔らかい宝石がついたものなどは、無理にご自分で磨こうとせず、専門家にクリーニングを依頼しましょう。